no-shokubutsu-hakko

農・植物・発酵

自然の智慧を学ぶ

時代と共に現代にリノベーションされた築120年の古民家。先人の知恵と暮らしを取り戻すための再生。日々その姿を変えてゆく中に生まれゆく温もりとゆとりに、古より受け継がれてきた智慧を感じてください。

暮らし

心を亡くさず

関東も月曜日に梅雨明けをしたということで、

全国的に晴れ間が増えてきて、気温も上昇してきています。

 

先週の熱中症で運ばれた方々はそれまでの3倍ということですから、

これからも引き続き、警戒とともに、

体をしっかりと季節に順応させるべく、

自然に触れる機会を持ちたいと思います。

 

昨日、田んぼに入ってからというもの、

随分と肌や感覚が鋭くなったというか、

良く音が聞こえたり、目が良く見えたり、

そんなような感じがあります。

 

それは、普段の中でいつのまにか

働くことや生きることに忙しくなってしまい、

自然から離れてしまっていたからかもしれません。

 

ふと自然と触れると、、、

「自然」と「自分」との関係性というか、

「自然に生かされているんだな」「自然って美しいな」と

体験から感じさせてくれるように感じます。

 

忙しいことを「心を亡くす」と書くんだよと

よく言いますが、

「自然の中の一部である」という事実を忘れ、

感謝を忘れ、あるがままでいることを忘れていては、

心を亡くしていることと同じなのかもしれません。

 

自然に触れる機会を「暮らし」の一部として持っていることは

とても受容なことなのだと改めて感じます。

 

自然と触れる文化を自分自身の暮らしの中にも

しっかりと作っていきたいと思います。

 

 

ミマモリスト 眞田 海