gyoji

行事

日本古来の行事から学ぶ

年中行事や室礼、祭りを通して、日本古来の信仰心を取り戻したり、季節の巡りに寄り添った暮らしを味わい自然に感謝しながら、本来の行事のあり方を見直しています。

暮らし

分福

昨夜出張から東京に戻り、本日出社すると、沖縄のお客様から月桃茶とムーチーが届いていました!

 

 

 

こちらのムーチーは、月桃の葉に包まれたお餅(ムーチー)で、沖縄では健康、長寿祈願のため縁起物として食される伝統あるお菓子。

 

鬼退治にムーチーが使われた沖縄の民話に由来し「鬼餅」とも呼ばれるそうですが、毎年この時期になると、子どもたちがつくったムーチーを送って下さるため、なんだか風物詩にもなっています。^^

 

かつては魔除けや疫除けを目的に、ムーチーづくりが行われていたそうですが、今では子どもや家族の健康を願う祭りとなっているそうで、こんな縁起物を毎年分けて頂けるのは、本当にありがたいことです。

 

また、今年はいつもと違い、ひとつのムーチーに3種の味わいが!

 

 

グラデーションもきれいなこちらは、黒糖、紅芋、タンカンでつくられているそうで、見た目も味わい的にも楽しめて、おやつタイムもとても楽しいひと時になりました。

 

やっぱり周りの人たちも幸せであるからこそ自分も幸せだったり・・・と幸福も繋がっていて、自分ひとりの幸福などありえませんから、分福という言葉もあるとおり、こんな風に幸せを人に共有したり分け与えたりすることを大事にできたらと思います。

 

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子