no-shokubutsu-hakko

農・植物・発酵

自然の智慧を学ぶ

時代と共に現代にリノベーションされた築120年の古民家。先人の知恵と暮らしを取り戻すための再生。日々その姿を変えてゆく中に生まれゆく温もりとゆとりに、古より受け継がれてきた智慧を感じてください。

暮らし

7年目の小麦

先週末、小麦を蒔きに1ヵ月ぶりに実家の畑に行くと・・・またしても草が!

 

 

ただ、前回の時ほどの草の勢いは感じず・・・

 

◆その仕事、何に繋がっている?
http://www.caguya.co.jp/kurashi/17942.html

 

やはり冬に近づいているのを実感します。

 

そんなわけで、今回も草を根元からカットし・・・小麦を蒔くためカットした草は一旦脇へ。

 

 

そしていよいよ小麦を蒔きます!

 

蒔く小麦は、6月に無事に収穫できた小麦たち。

 

 

 

蒔いた後は、少し土をかけながら踏み固めていき・・・

 

 

先ほどカットした草たちをかぶせて、ひとまず終了!

 

 

そして今回は父に相談して、いつもと同じスペースだけでなく、畑の手前(通路側)のコスモスが咲いていた道沿いにも蒔かせてもらいました。

 

それにしても・・・小麦を育て始めてから早いものでもう7年目ですが、こうして収穫した種を蒔き続けていく中で、命が巡っているのを実感します。

 

一代かぎりの不自然なF1種とは違って、固定種・在来種の種は、自家採種を繰り返すことで、その土地の気候・風土に合うように変化していくそうですが・・・

 

我が家の小麦も、少しは畑の気候に合って変化してきているのかと思うと、なんだか楽しいものです。

 

今年もどうぞ無事に育ち、実りますように。^^

 

かぐやかコーディネーター
宮前 奈々子