gyoji

行事

日本古来の行事から学ぶ

年中行事や室礼、祭りを通して、日本古来の信仰心を取り戻したり、季節の巡りに寄り添った暮らしを味わい自然に感謝しながら、本来の行事のあり方を見直しています。

暮らし

街を知る

今住んでいる地域は、

川と川とが落ち合うところで、

おちあいと名付けられたといいます。

 

また、江戸文化が醸成した染色の技術は

昭和初期~30年代まで、東京の神田川・妙正寺川流域には

300軒を超える染色関連業が集積し、京都・金沢に並ぶ三大産地として知られていたそうです。

 

そこで、毎年三日間、染めの小道という名の

お祭りをしていることが、今年分かりました。

「染の小道」とは About us

初めて見るその美しさもそうですが、

そこに暮らすものとしても、

その土地の生み出す文化には興味があります。

 

その土地の今があるのも、先人が伝承して下さったから。

 

これからの子どもたちに何を伝承していくのかは

そこに暮らす人々が決めることなのではないかと思います。

 

今年、引っ越してきたからには

これから少しずつ、子どもたちと文化に触れ

暮らしに取り込んで行きたいと思います。

 

 

ミマモリスト

眞田 海