地位が人をつくる

山浦氏は、権力を持ったときの人間心理を学び、リーダーのポジションにいる人が、チームの人間関係を良好に保ちながら成果をあげるために、権力とどう付き合うべきか、考察していきます。まず、「地位は、人の倫理観をも変える」についてです。

地位が人をつくることは、広く知られていることです。このことを実証した、1971年に行われた、心理学者のジンバルドーたちによる「スタンフォード監獄実験」は有名な話です。ジンバルドーたちは、大学の地下室を実験用の刑務所に改造して、非常に大がかりな実験を試みました。

新聞広告などを使って、心身ともに健康で善良なアメリカ市民を募集。彼らをランダムに囚人役と看守役に分けました。囚人役は、胸と背中に囚人番号が記された囚人服を着用し、看守役には、制服や警棒、匿名性を高めるためのサングラスが渡されました。権力の差を強く感じるような服を着用した彼らに、実験用の刑務所の中で、それぞれの役割を演じさせたのです。その結果、初日こそ看守役は自分たちの役割に戸惑いを見せていたものの、数日で威圧的な振る舞いや、精神的な虐待をするようになり、囚人役もまた囚人らしい言動を見せるようになっていったのです。

この実験によって、人間はいかに置かれた環境によって形づくられるのか、役割を付与されて強い権力を得た人間がいかに倫理観を崩壊させ、非人道的な悪魔のような存在に化していくのかを、私たちは知ることになったのでした。ジンバルドーの著書『ルシファー・エフェクトふつうの人が悪魔に変わるとき」(海と月社)や映画『es(エス)』は、このスタンフォード監獄実験を題材にしているので、詳しく知りたい人に、山浦氏はすすめています。私も見たことはありますが、あまりにも残酷な変わり方で、最後まで直視することができませんでした。権力を握ること、特に長く握ることは、これほど人を変えてしまうのだということがよくわかります。

組織心理学の研究が明らかにしていることは、地位やそれに伴う権力を手にした人の多くが、「他人をコントロールする権力を失わないように努める」「部下か利己的に動くのは嫌うが、自分自身は、地位を揺るがされるような事態に敏感で、自己利益に走る」という傾向にあることです。

部下は、職場での上司の様子を一部始終傍で見ているわけですから、部下たちに言うことと、上司自身がやっていることが乖離していると認識してもいますし、思いやりに欠けたふるまいだとも感じています。人が権力を持つと、もともとのパーソナリティに沿って、その権力を用いようとすると言われているそうです。権力への欲求が強い人は利己的に、反対に慈悲深い性格の人は自分の権力を利他的な対応に使うのだそうです。

例えば、「パワー動機」が強い上司は、自分と同じようにパワー動機が強そうな部下を冷たくあしらう傾向にあるそうです。パワー動機とは、地位や能力の面で、他の人よりも優れていたいとか、価値あるものを誰よりも先に自分が手にしたいと思う欲求のことです。

地位が人をつくる” への4件のコメント

  1. 「スタンフォード監獄実験」で垣間見た人間性の部分には、目を背けたくなるほどの威力がありますが、それも人間の性なのだと認識することで、立場ある人間は自分を戒めたり、部下は権力を振りかざしている環境に異を唱えることが大事になってくるのでしょうね。この実験でのことは、一見マイナスな面だけが明るみになっていますが、子どもたちを見ていると地位によって自分を自制したり、正しくあろうとする姿勢を生み出す要因にもなり得ることは、教育者であれば感じるところだなと思いました。

  2. 環境がいかに人を変えてしまうのか、反対にいかに環境が重要かということを感じます。子どもは環境との相互作用で発達しますが、子どもを取り巻く環境が、子どもの育ちにいかに重要であるかを藤森先生の保育を知る中で強烈に感じています。それにしても地位、権力は、その人の本性をあぶり出してしまうのかもしれませんね。そういう意味では、権力を持たない方がいい人というのはいるのかもしれませんね。「権力を握ること、特に長く握ることは、これほど人を変えてしまうのだということがよくわかります」とありますが、このことを常に意識するか、しないかでもかなり違うのかもしれません。自分はそうなっていないか、自分だけではなく、周りの人からチェックしてもらえるような環境も作っておかないといけないのかもしれません。

  3. 人間というのはそういった状況や環境への適応能力が高いと強く感じます。自分自身、カメレオンのようだと思うくらい、職場やプライベート、友達への関わり方がそれぞれ違います。人は大体みんなそうなのかもしれませんが、特に自分のような人間は、権力や地位を手にした時に気をつけねばならないなと、感じました。意識だけでは難しいようであれば、見守る保育の三省のように、できたかできなかったのか振り返られるような仕組みを作る必要があると思いました。

  4. 「環境によって人が形づくられる」というのはよく考えておかなければいけませんね。環境によって人の関係というのは大きく変わるともいえるのでしょう。「権力への欲求が強い人は利己的に、反対に慈悲深い性格の人は自分の権力を利他的な対応に使う」ということを見ると、「権力」を行使するという事に対して、リーダーは特に自己評価や自己分析ができていなければいけないのだろうと思います。また、こういったことから見ても、リーダーの姿勢が組織に大きな影響を与えるということも同時に言えるように思います。リーダーがどういった組織をプランニングして、それに応じて自分がどういった役割としている必要があるのかということを考えていくことが求められるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です