人間関係の凸凹

上司と良好な、関係性の質が高い、内集団にいる部下は、そうでない、関係性の質が低い、外集団にいる部下に比べて、客観的なパフォーマンスや評価が高く、キャリア発達もスムーズです。また、仕事に対する満足感や、組織へのコミットメントも高い水準にあります。これは、良好な関係にある部下の方が、自分自身が何を任されているのか、仕事上の役割を明確に認識できることによると言います。一方、外集団にいる部下の仕事に対する満足感や組織へのコミットメントは、内集団にいる部下より低い水準になってしまうため、人間関係の凸凹が温度差を生んでしまうというのです。

ハーバード大学の「グラント研究」は、良好な人間関係を築くことが人生においていかに重要な意味を持っているか、極めて力強いエビデンスを提供してくれているそうです。1938年にボストンで始まって以来、700人を超える対象者の人生を観察した、人生にまつわる最長の研究です。

この研究では、2つのグループの人たちの生活の様子を、つぶさに記録しています。一つのグループは、ハーバード大学卒業生です。在籍中からこの研究に協力し、途中、第二次世界大戦、兵役などを経験しています。もう一つのグループは、ボストンで最も貧困な地域に住む少年たちです。困窮し、問題の多い貧困家庭の出身であったことから、調査の協力対象者として選ばれたそうです。

それぞれのグループが経験してきた仕事、結婚や育児などのライフイベント、老後、さらには戦争や災害の経験など、10代の頃から老年までをさまざまな側面から追いかけた貴重な資料の数々だそうです。

例えば、対象者やその家族へのインタビュー、医療記録、血液サンプル、脳スキャン、社会的・経済的な状況、ファミリー・ヒストリーなど、ありとあらゆる内容のデータが蓄積されていると言います。研究者たちは、この膨大なデータから、人の幸福や健康の維持に大切なものが何であるのかを見出そうとしたのです。そして、このデータが示したこと—それは、周囲とのあたたかな人間関係やつながりこそが、私たちの幸福と健康を高めるという結果だったのです。

人生の貴重な時間の多くを費やす職場において、単なる仕事上の関係であっても、その質は、部下にとっても、そして上司にとっても、自身の健康や幸福感を決める大切なものだと言っているのです。

モチベーションは、行動に向かわせるプロセスのことです。行動は、組織のパフォーマンスを直接的に左右するので、その源であるモチベーションに、私たちの関心は常に寄せられています。同時に、部下たちの間に生じるモチベーションの差は、いつでも拡大する状態にあることを、私たちは念頭に置いておかなければならないと言います。なぜなら、モチベーションは、それぞれの部下個人の中で変動していますし、組織内・組織外からの刺激によっても大きく変動するからだというのです。

モチベーションには、内発的動機づけといわれる自家発電型の部分と、外発的動機づけといわれる他力本願型の部分があると言います。前者は、取り組む課題に興味があったり、得意だったりする場合や、向上心が高いタイプのパーソナリティを持っている場合などにあてはまり、周囲の力がなくても自分を動かしていくことができます。