妬みを買ったら

山浦氏は、妬まれる人の心とふるまいが、実は、妬む人との関係性や職場のパフォーマンスを決定づけていることを説明しています。

人は、自分が妬まれているかどうかに敏感に反応します。このことは、自分自身の心理的、身体的な健康を脅かすことになるため、自己防衛的な反応として先天的に備わっている能力だと考えられているようです。「社内表彰を受けて以降、同僚さんは何かと私に敵対心をむき出しにしてきていた。それなのに、あるプロジェクトメンバーにYさんが選ばれてから、急に私に愛想がよくなった。どうやら今度は、私を利用して自分の手柄にし、上司に認められようとしているらしい」

このようなとき、人は、自己防衛的になり、Yさんを避けようとします。ただその一方で、人間はどこまでも社会的な動物らしく、自分を妬ましく思っているYさんとですら関係を崩さないようにしたいという動機も共存させているというのです。そのため、妬まれた人の心は、密やかに裏切るかもしれないYさんを避けたい気持ちと、Yさんと関係を維持しておきたい気持ちの狭間で激しく揺れ動き始めます。自分を傷つけようとしている相手に、自分の貴重な時間を捧げることに意味があるのだろうか、自分が時間をかけて蓄積してきた知識や情報を流してしまって本当にいいのだろうか…と。

山浦氏は、妬まれる脅威から逃れる3つの選択肢を提案しています。妬まれる人は、基本的にとばっちりを食っているのですから、災難なことです。このような面倒な感情の標的にもなりたくないし、もしも標的になったとしても早く回避、解決したいところです。妬まれる人も戦略的に行動しています。妬まれることの脅威から逃れようとして、3種類の行動をとると言います。それは、「隠す」「避ける」「妬む相手と手を組む」だと山浦氏は言うのです。

1つ目の「隠す」は、自分の長所や能力を隠したり、控えめに見せたりすることです。出る杭を打とうとしている人に、「あなたが思っているほど自分には秀でたところはない」と自己呈示する行動だと言います。この行動は、自分が他者からどのように見られているか、その自己イメージや印象を戦略的にコントロールする行動です。

例えば、地位を得た人は自分が妬まれていると感じやすくなり、その結果、知識や情報を隠すようになる傾向があることがわかっているそうです。ただし、この「隠す」という行動には注意が必要だと言います。妬みを買った張本人にとっては、有効な行動に思えるかもしれませんが、組織全体で見れば、パフォーマンス低下につながる可能性が高いからです。仕事に必要な知識・情報隠しは、対人コミュニケーションの不足だけでなく、地位(職位)間の分断を引き起こしかねません。地位間の分断を防ぎ、また改善するには、管理職などの地位を得た人には、知識や情報を共有することが期待されていると認識してもらうことです。そうすれば、周囲からの期待とそれに伴って高まる義務感が、知識隠しを抑制してくれるというのです。