妬みと健康

ここで、山浦氏は、妬みを抱える人の苦しみと、健康上の危険性にも目を向けています。そこで、彼は、中国の中学生を対象にした調査研究の結果を紹介しています。そこでは、妬みの感情は、周囲に被害をもたらすだけでなく、本人の健康面においても深刻な事態を招く引き金になるということから警笛を鳴らしています。

妬み傾向の強い人が、クラスメイトどうしの関係性が良くないクラスに入ると、「もしかしたら、自分がいない間にクラスの誰かが何かご褒美をもらっているのではないか。あの人だけいい目にあっているのではないか」と、疑心暗鬼になる傾向が強まります。自分だけが好機を逃してしまうのではないかという恐れや不安が高まった結果、妬みを抱きやすい人は、スマホを手放すことができず、常にスマホをいじってしまう傾向が高いことが報告されています。

スマホによるソーシャルメディアの過剰使用は、諸問題を引き起こします。例えば、対面での交流の劣化、躁うつ病などの感情障害、睡眠の問題、身体的な健康上の問題の発症などです。この研究結果では、クラスメイト同士の関係性が良い集団であれば、妬みやすい人の問題行動が抑制されることも示されているそうです。

妬みは人と関わらなければ、感じなくて済む心の痛みや乱れですが、私たちが社会で生きて、組織に所属し活動する以上、人間関係を避けることができないと言います。だからこそ妬みの感情は、組織で働く私たちにとって、非常に厄介なものなのです。山浦氏は、こうして見てくると、2つの疑問が生じると言います。一つは、このような不利益をもたらす感情を、どうして人間は捨てきれずに持ち続けているのかという疑問です。もう一つは、妬みをうまくマネジメントし、前向きな人間関係を築くことはできないのかという疑問です。そこで、彼は、これらについて一つずつ順に考察していっています。

まず最初は、「なぜ妬みを捨て切れないのか?」という疑問についてです。妬みが、禍を引き起こす元凶だというのならば、どうして、私たちはこの感情を持ち続けているのでしようか。本当に不必要なものであれば、人間が進化する過程で、淘汰されていてもおかしくないはすだというのです。これは、身体についてもいえることで、必要がないかに見えるものでも、それはその役割がまだ解明されていないだけで、必要があるからこそ、今にまで持ち続けているのだと言われています。では、妬みは必要なものなのでしょうか?

妬みを抱く人は、職場に複数いる同僚たちの中から、ターゲットを抽出する繊細さを持っていると言えます。しかも、抽出する基準は、自分に脅威をもたらし、劣等感を抱かせる相手なのですから、妬む人は、自分を直視する瞬間を経験している人でもあるというのです。他者の存在を強く気にして、自分の存在価値を確認し、維持したいという欲求が強いと山浦氏は言うのです。

このことは、人間がより安全に生き抜くためには必要な能力だということになるというのです。例えば、戦国時代の武将をイメージしてみます。食うか食われるかの乱世競争社会において、自分よりも有能で資源を豊かに持っている敵の武将が、さらに勢力を伸ばそうとして、自分の領地や資源、統治裁量、勢力を奪いにかかってくる可能性がありました。自分の不安を煽り、自分の力量や評判など自分(の存在)に脅威をもたらす敵とは一戦を交えることでできるだけ早く排除し、自分の地位を盤石にしたいと考えます。

つまり妬みは、有能な相手から自分の資源を確実に守るためのセンサーの役割を担っているというのです。