妬みの力

つんくさんは、ミスター・チルドレンの桜井和寿さんへの憧れとジェラシーから、ライバルに勝つための方策を編み出して成長していったそうです。結論から言えば、これこそが、妬む(妬みがちな)人の生き残り・成長戦略だと山浦氏は言うのです。妬みには、実は、プラスに作用する心理的な機能が備わっていることが実証され、その仕組みが明らかになりつつあるそうです。

相手と競い合う心理や、切磋琢磨の状態がその典型です。妬みを持つ人ほど、実は「あの人に負けないように、少しでも追いつけるように」と自分のパフォーマンスを高めようとしているかもしれないというのです。マネジャーや経営者の視点で見れば、妬みは、組織内で(良い意味での)ライバル関係を作り出すことを可能にする原動力なのです。

ドイツの心理学研究者たちが、マラソン大会の2日前に出場者から研究参加者を募って、妬みの特性を計測するアンケートを実施し、目標タイムを答えてもらいました。その結果、良性の妬み傾向がある人ほど、目標タイムを高く設定し、実際にゴールしたタイムも良かったそうです。

日本の心理学研究者もまた、大学生を対象に「妬みやすい人のパフォーマンス」を調査したそうです。この実験は、大学の講義時間の一部を使って行われました。まず実験参加者たちは、自分の妬みの測定項目を含むアンケートに答えました。さらに、1週間後の試験で何点を目標にするか、その得点を記入するように言われました。1週間後、予告のあった試験が実施されました。「この試験の点数は成績に反映される」と伝えられたので、実験参加者たちは真剣に問題を解いたはずです。その結果、ドイツの心理学研究者たちと同様に〔良性の妬みが、高い目標得点とそれに伴った良好な成績につながった〕という結果が得られたそうです。これらはいずれも、妬みを感じることによって、自分自身を研鑽することができる可能性を示しています。

韓国の経営学者リーたちは、妬む人が取りうる行動には、大きく3種類があると言います。1つ目は、「妬みのターゲットXさんを引きずり下ろすこと」。

例えば、Xさんが仕事で失敗するように邪魔をする、Xさんの貢献度を差し引いて上司に報告する、社内にゴシップを流すなどです。この方法であれば、妬んだ人は特段努力をすることなく、自分より秀でているXさんに追い付くことができます。ただ、Xさんとの信頼関係はその後崩壊し、それによって職場では仕事がやりにくくなる、周囲も腫れ物に触るような余計な気遣いが必要になるなど、大小さまざまな損失が生じそうです。

これらの妬みの悪影響は、不用意に競争的な環境や機会を作り出すと、観察されやすくなります。管理職者や企画担当者が、社内の活性化を意図してコンペティションを行うことは常套手段ですが、意図しない副作用の方が大きくならないように見通しておくべきだと山浦氏は注意します。

2つ目の行動は、相手を避けるというものです。しかし、この行動もまた、職場やチームでの協力関係を築き、共通目標を達成するという目的には適いそうにないと言います。3つ目が「Xさんにアドバイスをもらって積極的に学ぶ」という行動です。この行動であれば、妬む人のパフォーマンスは改善されます。しかもXさんは、「(実際には妬まれている相手から)尊敬されている」と認知できるので、お互いの関係性は維持され、もしかするとそれまでよりも良好な人間関係を築けるかもしれないと言います。

妬みの力” への5件のコメント

  1. いくつか、つんくさんが桜井さんのことを語っている記事を読んでみました。動画は見れなかったので、確信には迫っていないのですが、どこかで自分と他者は違うということを理解されるようなことがあったのかなと想像しました。私自身も自分に自信がないので、あの人みたいになりたいと思うことも多いですが、どこかで自分は自分だし、あの人みたいにはなれないし、同じになろうとしなくてもいいのではないかと自分をリラックスさせた方がいいかなとすこ〜しだけ思えるようになってきました。そんななかでも「妬みは、組織内で(良い意味での)ライバル関係を作り出すことを可能にする原動力なのです」「Xさんにアドバイスをもらって積極的に学ぶ」ということを意識することは覚えておきたいです。

  2. 私も、他者への憧れや嫉妬といった感情で成長してきた類かなと感じています。「ライバルに勝つための方策を編み出して成長」という言葉のように、他者を羨む感情を意欲や向上心に変換する作業は、なかなか労力のいる作業だと思いますが、この力がどのように身についてどのように発揮されるのかを解明できたら面白いですね。生きる力の原動力としても効果を発揮している能力の一つかなとも思いました。

  3. 中学の頃、まさに長距離走をやっていて、始めた頃私は真ん中より少し上くらいの順位でした。常に1番でゴールする同級生がいて、ある日から「その人のすぐ後ろをなるべく長くついて走る」と決めてからどんどんタイムが伸び、一年ほどで常に2番でゴールできるようになっていました。同級生も負けん気が強く、ゴール直前まで競り合っても卒業までついに追い抜くことはできなかったのですが、まさに切磋琢磨し合った仲だったな、と懐かしく思い出しました。お互いにタイムが伸びていたので、あれはきっと良性の嫉妬だったのかもしれないですね。
    「アドバイスをもらって積極的に学ぶ」というのは、悪性の妬みを持った状態ではとても難しいことのように感じました。
    敵意を持っている人に「教えてほしい」とお願いするということは、もし自分自なら、自分のプライドを自分でへし折っているような気持ちになりそうです。でも身近に優秀な人がいるのに教えてもらわないというのは、考えてみるととても損なことですよね。

  4. 「妬む人がとりうる行動」の3種類を見ると、自分自身の反省点が多々出てきますね。結局のところ、「妬む」感情をどこに向けるかということによるのだと思います。他者に向けるのか、自分に向けるのか。それとは別に「避ける」というのはなるほどと思いました。妬みをどのように変換を起こすかと考えたときに、「自分自身を認めてあげる」ということも大切な問題であるように思います。「できない自分」と「できる自分」を知るなかで、学ぶ意欲を持てるのか、他の部分を伸ばすのか。できるだけ、自分自身にフィードバックできるような生き方をしていきたいと思います。他力本願でいるとそういった自分を向上させる変化を起こすことは難しいと思います。どう様々な感情を自身に落とし込むのかということが自分のパフォーマンスを上げるか下げるかにもつながるのだろうと思います。これまで自己分析や見通し、行動力や自尊感情、謙虚さや真摯さ、これまで必要とされるものを紹介されることがありましたが、それはこういったバランスの中で、いかに自分自身の成長につながる選択ができるのかということにつながっているのだろうと改めて感じました。

  5. 良性の妬みが人を成長させていく事例は読んでいて気持ちがいいですね。「妬み」と聞くと、すぐにマイナス面のことだけが想起されますが、良性の妬みについて知ることができ、これは良い学びとなります。つんくさんの事例、あるいはドイツや日本での調査事例、そして「韓国の経営学者リー」さんたちの3種の妬み。妬みについてはこれほど研究されているのですね。知ると得した気分になりますね。3種の妬みのうち3つ目の「Xさんにアドバイスをもらって積極的に学ぶ」「良好な人間関係を築ける」こうなると「妬み」が妬みではなくなります。何か別な名前をつけた方がいいのでは、と思えてきます。その分野に精通している人から「アドバイスをもらって積極的に学ぶ」姿勢が私たちにあれば組織の雰囲気も良い方向に改善されていきますね。組織で問題になることの一つがこの「妬み」ですから。良性妬みの意識化を心がけたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です