コンストラクトの整理3

「AARサイクル」についてのコンストラクトに関するコンセプト・ノートの記述によると、「AARサイクルのうち『見通し』の局面において鍵となるのは、目の前で起こっていることに対して反応するだけでなく、将来の出来事を予測する力である。そのためには能動的に将来を予見していくことが必要になるし、将来必要になることを前提にして、意欲的に行動していくことが求められる。『見通し』の局面においては、他者視点の獲得も決定的に重要である。というのも、これによって、自分の考えや思いから一歩引いて,他者の考えを考慮することができるからである。また、『見通し』の局面では、自他の意見や推測に対する評価が行われるし、『振り返り』の局面では、それぞれがとった行動を精査して、その帰結がウェルビーイングの実現につながるものだったのかを考えることになるが、こうした場面では批判的思考力が必要になる。また、『行動』の局面においては、省察的思考力があれば、自らの考えと行動を調整したり、改善したりすることが可能になってくる。」とあります。代表的なコンストラクトとしては、「能動性」「他者視点の獲得」「批判的思考力」「省察的思考力」が挙げられています。

既に述べたとおり、これらのコンストラクトは、必ずしも一つのドメインのみに整理されるものではありませんが、コンストラクトを考える際には、他にもいくつかの留意すべき点があると言います。

第一に、これらのコンストラクトについての理解は、文脈に依存する場合があることです。例えば、「レジリエンス」の重要性はしばしば指摘されますが、例えば、プラック企業など劣悪な条件で勤務し続ける場合など、状況に応じて判断することも必要であり、必ずしもレジリエンスが強ければ強いほど良いということではないはずだというのです。あるいは、リーダーシップについても、集団の一人一人がリーダーシップを発揮することは、かえって混乱を招く可能性もあり、むしろ、状況に応じてフォロワーシップを発揮することが重要になってくる場合もあるだろうというのです。社会・情動的スキルに関するOECDの報告書においても、「特定のスキルをより多く有することが必ずしも全ての社会経済的な結果の改善につながるわけではありません。なぜなら個人のふるまいや行動の結果は、特定の社会・情動的スキルだけではなく、直面する環境において、そうしたスキルを発揮する(あるいは発揮しない)能力によるからである」と述べられています。文脈によって、あまり発揮しすぎることが望ましくない場合もあるだろうというのです。

第二に、これらのコンストラクトの発達は、年齢によって異なるということです。そのため、教育という視点からは、例えば、幼児期に伸びるスキル、思春期に伸びるスキルなど発達段階を適切に考慮することも必要です。例えば、言語的スキルやニューメラシ―、社会的スキル、統制の所在、運動能力などは、幼児期における発達が重要ですが、より様々な知識やスキル、態度及び価値観は、学齢期から思春期において顕著になるといいます。それぞれのコンストラクトが重要であるとしても、発達段階に応じた育成を考えていくことが必要になると白井氏は言うのです。

第三に、これらのコンストラクトが、同じものだと理解されているとしても、その場面設定によって意味合いが異なってくるということです。例えば、自己効力感といっても、 PISAでは数学的リテラシーに関する自己効力感を測っていますし、政治面における効力感に関する調査もあります。当然、同じ効力感という言葉を使っていても、これらのテーマや対象範囲は異なったものであるのです。