実用的スキル

伝統的に、認知的スキルは職業上の成功を決める最も重要な要因であると考えられてきました。しかしながら、社会・情動的スキルは認知的スキルを働かせるための基盤として重要であるというだけでなく、最近の研究によると、特に職業上のステイタスや収人といた要素については、認知的スキル以上に直接的な影響があるといいます。その意味では、将来の職業を決めるうえで、社会・情動的スキルは認知的スキルと同等か、場合によってはそれ以上に重要になり得るだろうと白井氏は言います。こうした新しい研究結果は、最初に述べた、マクレランドによるコンピテンシー概念の提案にも、そしてまた「ソフトスキル」や「非認知スキル」を重視しようとする「21世紀型スキル」の動きにも合致するものとも言えるのではないかというのです。

次に、スキルの第三のカテゴリーが、身体・実用的スキルです。身体・実用的スキルについては、「物理的な道具や一定の手順、機能などを使いこなす力」として定義されています。例えば、新しいICT機器を使ったり、楽器を演奏したり、工作をしたり、スポーツをするなどのマニュアル的なスキルや、自分で服を着たり、食事や飲み物を準備したり、自らを清潔に保つといった生活上のスキル、さらには肉体の強靭さや筋肉の柔秋性、スタミナなどの自分の能力を上手に活用するスキルなどが含まれます。なお、身体的スキルと実用的スキルは、いずれも一定の動作を伴うものであることから、両者は重なりあうものであると考えられています。

コンセプト・ノートにおいては、特に芸術との関係で身体的スキルの重要性が強調されており、これまでの研究においても、音楽や美術に関する活動が、認知的スキルを発達させることにも非常に有効であることがわかっているといいます。すなわち、「芸術分野において身体的な能力を獲得するためには、相当な認知やメタ認知のプロセスが生じる必要がある。芸術が身体的スキルを通じて表現されるものであるとしても、芸術に熟達するためには、認知やメタ認知のプロセスも必要になる」からであるといいます。音楽が得意な子は数学もできると言われることがありますが、実際、芸術的な活動を行うことが認知の改善につながったりするといわれています。

実用的スキルというと、手先の器用さや工作の技能などがイメージされるかもしれませんが、ここでは、幅広いものが想定されています。例えば、服を着る、掃除をする、自らを清潔に保つ、食事の準備をする、書いたものを通じてコミュニケーションを行う、何らかのテクノロジーを使うといった多くの日常的な動作は、いずれも実用的スキルを必要とします。実用的スキルも時代によって変化していくことになるので、現代では、例えば、スマートフォンを使ってテキストでコミュニケーションをとるためには、小さなキーパッドを使ってメッセージを作り、それを送るという形の実用的スキルに熟達することが必要になっています。