スキルの更新

デジタルやICT関連のスキルは、陳腐化が早いとなると、より重要になってくるのが、個別の新しいスキルを獲得するということよりも、新しいスキルを継続的に獲得し、自らのスキルを常に更新していく力ということになります。Berger & Freyは、「融合的スキル」を身につけさせるようにしていくべきであると指摘しています。ここでいう「融合的スキル」とは、「創造性やアントレプレナーシップ(起業家精神) 、技術的なスキルの組み合わせであって、新たに登場してくる新しい職業へのシフトを可能にするスキル」であって、これから注目される職種の例として、テレピゲームのデザイナーなどが挙げられています。例えば、テレビゲームのデザイナーの仕事をこなしていくうえでは、ゲームの中核となる特徴についてデザインすることはもちろん、ゲームのメカニックから物語の作成、登場人物のキャラクター設定、デザインに関する文書の作成や管理、プロダクション・スタッフに指示したり、共同作業しながら、デザインされたとおりにゲームを作成していく、といった様々なタスクが求められるのです。こうしたタスクを実行していくためには、例えば、デザインやメディア・コミュニケーション、心理学などに関する知識、プログラミングや批判的思考力、複雑な問題を解決する能力などのスキル、知的好奇心や遊び心、情熱などの態度及び価値観といった、まさに複雑で融合的な能力が求められることになるというのです。

次に、第二のカテゴリーが社会・情動的スキルです。社会・情動的スキルは、「非認知スキル、ソフトスキル、性格スキルなどとしても知られ、目標の達成、他者との協働、感情のコントロールなどに関するスキル」です。

社会的スキルと情動的スキルは、以前は別個のものとして捉えられていましたが、概ね1980年代から1990年代にかけて、両者を関連づけて捉えられるようになりました。情動と認知の統合の考え方については、既にピアジェが打ち出していましが、ガードナーが、伝統的に重視されてきた言語や論理数学に関する知能だけでなく、音楽や身体運動、対人関係などに関する様々な知能の重要性を指摘する「多重知能」の考え方を提唱してからは、個人内スキルと対人関係スキルの両面がより統合的に捉えられるようになってきました。私は、これを「心内知性」と「対人知性」という説明をしています。さらに、ゴールマンは、1990年代に入ってから注目を集めるようになった「情動的知能」という概念を打ち出していますが、ここでも、自己意識、自己調整、モティべーション、共感性、社会的スキルという5つの要素が挙げられており、情動的スキルと社会的スキルが統合的に扱われています。この「情動的知能」というのは、「Emotional intelligence」という、日本では、EQ力と言われて広まった「心の知能指数」です。白井氏は、ここでは、「情動的知能」と訳しています。こうした動向も踏まえ、 Education2030プロジェクトにおいては、社会的スキルと情動的スキルを統合的に捉えることとしたのだそうです。

さて、この社会・情動的スキルについても、これからの時代において、より重要になってくると白井氏は考えています。前述のBerger&Freyによると、AIに代替されることが困難な仕事として、複雑な社会的関係性が必要となる仕事が挙げられており、とりわけ社会・情動的スキルを身につけることの重要性が強調されています。