価値観とは

アジア以外の国においても、例えばバルト三国の一つで、近年、 PISAの結果を伸ばしていることで注目されるエストニアにおいても価値観は重視されており、正直さや思いやり、生命の尊重、正義、人間の尊厳、自他の尊重などの「一般的人間的価値観」と、自由、民主主義、母語や母文化の尊重、文化的多様性、寛容さなどの「社会的価値観」が、カリキュラム上の目標とすべき価値観として位置づけられているそうです。

これらの態度や価値観は、各国のカリキュラム上で取り上げられるだけでなく、国際機関等が策定する公的な文書においても重視されるようになってきているそうです。例えば、国連が定めている国連憲章や世界人権宣言、国連ミレニアム宣言などにおいては、「平等、自由、正義、尊厳、団結、寛容、平和と安全、持続可能な開発」といった価値観が盛り込まれていますし、欧州評議会が策定した「民主的文化のためのコンピテンシー枠組み」においては、「人間の尊厳や人権、文化的多様性、民主主義、正義、公平、平等、法の支配」などの価値観と、「文化的他者や他の信条に対する寛容さ、敬意、市民意識、責任感、自己効力感、曖昧さに対する寛容さ」といった態度が含まれています。

こうした各国のカリキュラムや国際機関が策定する憲章や宣言など各種の公的な文書においては、表現こそ違うとしても、概ね共通して重視されている価値観が見えてくるようです。すなわち、コンセプト・ノートの表現によれば、「人間としての尊厳、敬意、平等、正義、責任感、グローパル意識、文化的多様性、自由、寛容、民主主義」といった価値観です。

これらの態度や価値観は、ウェルビーイングを実現していくうえで重要な役割を果たすことになると言います。例えは、敬意とは、単に他者に対するものに限らず、自分自身を大切に思うことでもあり、文化的多様性を重視したり、環境を守ることにもつながる広い概念ですが、他者の存在や考えを大事にすることは、緊密な人間関係を構築するうえでの前提となります。あるいは、平等や社会的公平にしても、所得の平等は、生徒のウェルビーイングや社会的な信頼、薬物乱用や自殺の減少、より長い寿命、より優れた学習成果などと関連性が見られるようです。

もっとも、様々な「21世紀型スキル」の提案において態度や価値観の側面が重視されていたとはいえ、Education20プロジェクトにおける議論において、当初から態度及び価値観が位置づけられることが決まっていたわけではないそうです。むしろ、当初の段階では、 OECDが策定しようとしていた学習枠組み(後ラーニング・コンパスと呼ばれるもの)の位置づけが定まっていなかったこともあり、一部の国からは、態度や価値観などの要素をコンピテンシーの枠組みに入れることに対する反対論や慎重論も出されていたそうです。その背景にあったのは、態度や価値観は、学校教育ではなく家庭教育の役割であるという認識でした。これに対して伝統的に「知・徳・体」の調和を重視してきた日本や韓国などからは、態度や価値観も教育の重要な要素であるとの意見が主張されたのです。また、折しもフランスにおいてテロが続発していたことなどもあり、仮に幅広い知識や高度なスキルを有しているとしても、それが社会に対して有害な形で行使されることに対する懸念の高まりもありました。また、そもそもラーニング・コンパス自体が、必ずしも学校教育のみを対象とした枠組みではなく家庭教育や生涯学習をも視野に入れた学習枠組みであるとの性格が示されたことから、態度及び価値観をコンピテンシーの要素の一つとすることで合意が得られたのだそうです。

価値観とは” への2件のコメント

  1. エストニアでは、公共機関の書類がほとんどなく、電子でのやり取りへの意向だけでなく、企業のスタートアップ支援政策の充実化によるIT社会がスムーズに行われている印象でした。数学的リテラシーや科学リテラシーの水準が高まっている大きな要素でもあるような気がします。そのような国であっても、「正直さや思いやり、生命の尊重、正義、人間の尊厳、自他の尊重など」人間味といった要素、の「自由、民主主義、母語や母文化の尊重、文化的多様性、寛容さなど」という社会の一員といった意識は大切にされているのは意外ですね。

  2. 「人間としての尊厳、敬意、平等、正義、責任感、グローバル意識、文化的多様性、自由、寛容、民主主義」というこれらの態度や価値観がウェルビーイングの実現には重要になってくるのですね。本当の平等とはなんなのか、多様性とはなんのか、寛容とは、敬意とは、と考えそれを深めていくことで、他者に対する理解、様々な背景を持つ人々への理解というものが深まっていくのかもしれません。だからこそ、それは社会に対するウェルビーイングにもつながり、また自らを律することで円滑な他者との交流にもつながり、自らのウェルビーイングにも繋がっていくのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です