メタ認知スキル

今後もAIの発達が続くとすれば、これから社会に出る生徒にとっては、創造性を身につけていくことが、これまで以上に強く求められます。なお、コンピテンシーの統合的な性格ゆえに、認知的スキルについても、それだけを用いるのではなく、社会・情動的スキルや態度及び価値観と組み合わせて活用していくことが重要なのは当然であると言います。例えば、批判的思考力について考えると、そこには一定のアイディアや解決策に対して疑問を呈したり、評価を行うことが当然に含まれてきます。また、その前提として、自分の考えを客観的に提えることも必要になるし、社会的・文化的なコンテクストに照らして妥当かどうかを判断することも求められるため、社会・情動的スキルや態度及び価値観もかかわってくるのです。

DeSeCoにおいても「省察・振り返り」が重視されていましたが、特に多くの「21世紀型スキル」の提案において取り上げられているのが「メタ認知」に関することです。ここで言うメタ認知とは、「自らの学習について自覚しており、また、コントロールしている状態」とされており、自らの知識やスキル、態度及び価値観を、どれだけ身につけているか、あるいは、それらをどのように活用しているか、といった状況を認識する能力が含まれます。こうした状況を自分で認識することで自らの能力を様々な状況に適用できるようになるのです。前述のフレイやバーガーらによるスキルの分類では、メタ認知スキルは「非ルーティン的な分析的スキル」として整理されています。

メタ認知スキルが重要視されるようになっているのは、それが学習していく過程に影響するからです。例えば、物事を批判的に考えていくためには、自分がその事柄をどの程度理解しているかとか、批判的に思考していくためのモティベーションをもつことができているのか、といったことを自分で認識することが必要になります。すなわち、メタ認知は、様々なコンピテンシーを発揮していくための前提とも言えるのです。とりわけ、学習内容が高度化する中等教育以降の教育においては、推論に基づいて考えたり、自己調整や振り返りが重要になってくることから、メタ認知のスキルが特に重要になってきます。

なお、 Education2030プロジェクトの初期においては、メタ認知スキルについては認知的スキルとは別のものとして捉える案も検討されたそうです。例えば、Bialik & Fadelによって2015年に示された21世紀型スキルのモデルにおいては、メタ認知はスキルを含めた全てのドメインを通底するものとして位置づけられています。しかしながら、その後の議論においては、メタ認知スキルは、あくまでも認知的スキルの一環であることから、これを別異に扱うべき合理的理山はないとして、メタ認知スキルも認知的スキルに含まれるものとして整理されたのだそうです。

こうしたメタ認知や学習方略は、生涯学習におけるキー・コンピテンシーの1つとして理解されていますし、ヨーロッパの多くの国では教育の目標として位置づけられているそうです。こうしたスキルは、これからの時代の職業人にとって必要なスキルとなってくると考えられています。

メタ認知スキル” への3件のコメント

  1. メタ認知は、自分を俯瞰してみる力・それを踏また行動をとる力であると認識しています。まさに、「自らの学習について自覚しており、また、コントロールしている状態」ということなのですね。「メタ認知は、様々なコンピテンシーを発揮していくための前提とも言える」というように、メタ認知という基盤があることで、様々なコンピテンシーが身に付くというのはなんとなく想像がつきます。船の舵を取るためには自分の居場所を把握しなくてはいけません。今、自分がどこにいるのかを認識することで、目的地へと向かうことができるのでしょうね。私自身も、自己認識する機会があって初めて、少し成長できた感覚になります。

  2. 自分はどのような特性を持っているのか、自分は何がしたいのか、どうすればいいのか、という力は大人であっても、そして私も意識していきたい力ですし、園の中でも大切にしていきたい力です。ランチの時に、自分の意思を表明する機会がありますが、意思を表明するためには自分を俯瞰的に見つめることが必要になりますね。とても大切な時間であるように思います。選択するということはその連続かもしれませんね。もちろん、他者の影響を受けるということも大いにありますし、それもまた重要なことであると思います。話は変わりますが、先日、友だちとのトラブルからなかなか自分の気持ちの高ぶりを抑えることが出来ずにいる年長の子がいました。その気持ちを抑えることができないと、やはり冷静な行動をすることができませんね。なんとか、その気持ちを抑えること、どうしたら抑えられる考えてみようという話はしたのですが、なかなか難しいですね。とりあえず水を飲もう。くらいしかその時は出てきませんでしたが、自己を俯瞰していくことは考えていきたいと思います。

  3. 実にやっかいなことです。「メタ認知」というからやっかいです。自分の考え出したことをもう一度自分で考えてみる、でいいと思うのですが。「認知」という日本語も難しいのに、「メタ」なるカタカナ語が接頭する。こうなると学者の皆さんの言葉遊びでしょう、となりますね。現場で働いている私たちは日々「阿吽」という、実にわけのわからない、カオスな世界で仕事していますね。計画があっても、子どもも先生も生き物です、極めて流動的で、臨機応変です。まさに動的平衡の世界を現出するのです。従って、あまり難しいことを言われても、保育現場、教育現場は変わらないのです。OECDはEducation2030と言っていますが、2030はもう目の前。もし出すなら、Education2050、を出すべきでしょう。VUCAの時代の未来思考の可能性にかける。間違っていても大丈夫。当の子どもたちにはOECDもUNESCOもありませんから。おそくら、これまでもそうであったように、自分たちの未来は自分たちで切り開くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です