第2、第3の論点

第二の論点が、社会的スキルや情動的スキルをどのように整理するかということです。DeSeCoにおいては、「自律的に行動する力」、「道具を相互作用的に用いる力」、「異質な人々から構成される集団で相互にかかわり合う力」の3つが、キー・コンピテンシーの柱として位置づけられています。このうち、「自律的に行動する力」は個人の内面に関すること(intra-personal)、「異質な人々から構成される集団で相互にかかわり合う力」は人と人との関係に関すること(inter-personal)として考えられていました。こうした整理を踏まえて、Education2030プロジェクトにおいても、プロジェクトの初期の段階においてコンピテンシーを“intra-personal”と“inter-personal”に区別すべきか検討が行われたそうです。しかしながら、対人関係に関することであっても、例えば、自分の感情をコントロールしたり、モティベーションを維持するといったような個人の内面に関するコンピテンシーは必要です。そのため、対人関係に関することと個人の内面に関することを明確に区分するのは難しいとの指摘が出されました。実際、コンピテンシーを“cognitive”、“intra-personal”、“inter-personal”の3つのドメインに分類して捉えている全米研究評議会の報告書においても、「21世紀型スキルを理解し整理するために3つのドメインに分類してはいるが、それらが人間の発達や学習において相互に絡み合っているものであることは認識している」とも述べられています。こうした議論を経て、Education2030プロジェクトにおいては、コンピテンシーを“intra-personal”と“inter-personal”に分けて捉える形での整理は行わないこととなったそうです。

第三が、態度などに関する側面を整理する際のラベリングの仕方についてです。態度という軸が設けられていますが、態度は一定の道徳や倫理に基づいて表出されるものでもあることから、問題になったのは、道徳や倫理を含めた価値観を、態度などに関する側面のラベリングにおいてどのように考えていくかという点だったそうです。また、「態度」ではなく、キャラクターという言葉が用いられていますが、キャラクターには、学習によって変えることが困難な、あるいは先天的な性格、という意味合いが強いことから、この用語を使用することについての懸念が示されました。議論の過程において、“character qualities”(人格的資質)などの用語が提案されたこともあったそうですが、これもキャラクターと本質的に同じ問題があるとして、最終的に、態度(attitudes)に価値観(values)を加える形で、「態度及び価値観(attitudes and values)」という言葉で合意を得たところだそうです。

こうした議論を踏まえて検討を進めた結果、2016年5月に行われた第二回IWGにおいて、当時は「ロープ・モデル」なとと呼ばれていたモデルが示されました。この時点で知識、スキル、態度及び価値観の3つのドメインに基づくコンピテンシー・モデルの原型がある程度示されていたことがわかると白井氏は言います。この時点ではコンピテンシーの要素を集めたうえで、いったん風呂敷の上に広げてみることが目的でしたので、後に出てくるような、2030年という未来を形作るために必要な「変革をもたらすコンピテンシー」や「エージェンシー」など、様々な要素を統合的に用いていく形でのコンピテンシーに関する考え方は、この段階ではまだ出されていないようです。

ロープ・モデル