ウェルビーイングへ

実行可能性や参加国の地域バランスの考慮などの面で批判があるとしてもDeSeCoで示された考え方自体は、2030年の未来でも通用するものとして肯定的に受け止められていました。そのため、Education2030プロジェクトでは、DeSeCoのキー・コンピテンシーを否定するのではなく、それを2030年という時代背景を踏まえて更新していくことが目指されたのです。例えば、AIの発達や移民の増加によって、キー・コンピテンシーも変わっていくことが求められるのであり、それを具体的な形にしたのが「変革をもたらすコンピテンシー」なのです。これについては、あとで説明しています。

上述のように、 DeSeCoにおいても、「人生の成功」や「良好に機能する社会」という視点を通じてキー・コンピテンシーを考えてきたのですが、それらは抽象度の高い概念であり、必ずしも明確ではない側面もありました。そこてコンピテンシーを身につけていく先にある目標として想定されたのが、「ウェルビーイング」という考え方です。

実は、Education2030プロジェクトの議論が始まった2015年前後は、OECD自体も、その目指すべき目標について変革期を迎えていたのです。その名称である「経済協力開発機構」が示すとおりOECDは各国の経済発展を目的として設立された組織であり、歴史的にも、 OECDの前身であるOEEC (欧州経済協力機構)は、第二次世界大戦後の欧州の経済復興を目的として設立された国際機関でした。そのため、過去には、OECDにおける教育関連のプロジェクトも、経済に資するための教育という側面が強いとの批判が示されることもありましたが、近年ではOECDのミッション自体が、単純な「経済的成長」から「包括的成長」へと変わってきています。それでも、現在でも、OECDからの提案は、保育研究者の中には、経済的成長からの視点であると批判したり、警戒する人はいます。しかし、こんな考え方に変わってきています。OECDでは、従来の「経済的成長」の指標とされてきたGDPなどに着目するだけでは、仮に、 GDP自体の増大が見られたとしても、その陰で貧困などの問題が拡大していくといったことも十分に考えられます。こうした格差などの問題にも配慮しながら、全体としての成長を目指していくことが、現在、OECDが目指そうとしている「包括的成長」の含意するところだというのです。

実際、OECDが設立50周年を迎えた際に、新たに改訂されたOECDのミッションを示す標語は、「より良い暮らしのための、より良い政策」です。この標語が象徴的に示すように、現在のOECDのミッションは、単に「経済的成長」を目指してGDPなどの経済指標を高めることだけではなく、究極的に人々が心身共に幸せな状態(ウェルビーイング)を作り出すことへと移行しているのです。実際、その象微とも言えるのが、OECDが開発した「より良い生活のための指標(Your Better Life lndex)」であり、OECD事務総長のアンヘル・グリアは、「以前から、世界中の人がGDPを超えた(指標)を求めている。この指標は、そのために作られたものであり、『より良い暮らしのための、より良い政策』を進めていくうえで、大きなポテンシャルをもっている」と語っているのです。

ウェルビーイングへ” への3件のコメント

  1. OECDのミッションは、経済的側面が大きいというだけでなく、貧困や格差、教育や個人の幸福など、多岐に渡るインクルーシブな視点が必要になることを示していました。身体的・精神的・社会的に健康であり、自らをより良くしようと上書きできる状態であるウェルビーイングという考え方は、世界共通の生涯教育目標でもある気がします。しかし、よく考えてみると、多くの親もきっと我が子にはこのようなことを思うのではないかなと想像します。私も、きっと親になったらこのように思う気がします。ですが、子どもが成長していくと大人の欲が出てきて、我が子には苦労してほしくない、早めに先手をとってほしい、もっとっこうした方が良いなどと要求してしまう傾向が多いのは、このウェルビーイングという原点に立ち返る機会が必要になるのかもしれませんね。教育者だけでなく、親も地域の人も子どもたち自身も、この考えに触れる機会があるといいですね。

  2. OECDと聞くと経済協力開発機構というくらいですから、経済の発展というイメージはありますが、『「経済的成長」を目指してGDPなどの経済指標を高めることだけではなく、究極的に人々が心身共に幸せな状態(ウェルビーイング)を作り出すことへと移行しているのです』とあるように、全体としての成長を目指すということを掲げているのですね。やはり相手を知らずにイメージだけで捉えてはいけないなと改めて感じました。先進国といわれる国がある程度経済的に十分に発展してきたからこそ、至った考えなのかもしれません。幸せな状態とはどういうことなのか。経済が豊かであるということが一つの価値観だった時代は過ぎて、新たな価値観の時代に入ってきているということを感じます。私たち保育者もまた親としても、いち社会人としても今までの価値観を、イメージをもう度捉えなおす、考え直すということをしていかなければ、意識しなければいけない時代なのかもしれません。

  3. 幼児教育研究者や実際の園運営に携わる園長さんたちの中にはOECDの教育政策を批判して「経済的成長からの視点であると批判したり、警戒する人はいます。」このことを私は実際面と向かって言われた経験を持ちます。そうした時は、議論しても始まらないので、私は黙っていますが、それでも、OECD、UNESCOに限らず、子どもたちのウェルビーイングのために教育を、という機関には私は賛意を表したいと思っております。私たちは何ために学ぶのか、教育を受けるのか、それは幸せになるためです。英文法を覚えたところで、関数に精通したところでウェルビーイングが実現されなかったら意味がないと考えます。「究極的に人々が心身共に幸せな状態(ウェルビーイング)を作り出すこと」このことに尽きるのですね。数学にしても化学にしてもその実用性だけを考えると、普通の人生を送る人々にはあまり関係ありませんが、脳トレ及びその効用として考えたらどうでしょう。数学の証明問題があります。証明できた時の快感は格別です。お金にならなくても生活のたしにならなくても、あれこれ考えて解き明かした時の快感は得も言われぬものがあると私は思っています。論理的思考を充実させるために知識は必要です。そして、その思考に基づいてモノを作る時、技能の重要性がわかるのです。その先に、ウェルビーイングの階段があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です