戦士集団

日本の学校システムは学業とスポーツ(部活)を一体化しているために、大変だと言います。野球がしたければ、学校には普通ひとつしか野球部はありません。どうしても野球を続けたければ、他の学校に転校しなければなりません。それに対してドイツのように学業とスポーツが分離していると、スポーツクラブが自分にとって合わないということや、いじめられるようなことが出てきて、どうしても解決できなければ、別のクラブに移ればいいわけです。

もう一つ、ドイツのスポーツクラブには体罰、怒鳴り声、しごきがありません。どうしてでしょうか?日本の体育会系部活は「キビキビした動き」「大きな声で返事やあいさつ」「練習中の声出し」など集団の厳しい雰囲気があります。それに比べると、ドイツのスポーツクラブは「ゆるゆる」だと高松氏は言います。日本の指導者の中には「こんな甘やかして、試合に勝てるか!」と思う人もいるかもしれません。

しかし、スポーツクラブは組織の性質としてみると、「同好の士」の集まりで勝利のための「戦士集団」ではないと言います。何よりも、メンバーになっている人々の生活の質を高めたり、身体の状態をよりよくしたりする厚生が目的だと言うのです。もちろん試台も行われ、勝つために努力する人もいます。しかしトップアスリート以外はあくまでも趣味の範囲です。自分のレベルで楽しみの範囲で試合に出ているのです。トップアスリートでさえも、あくまでも学業と並列に考えてトレーニングに取り組んでいるそうです。

子どものサッカーを大人はただ見ているだけ

制度面でいえば、リーグ制に着目するとよいと高松氏は言います。たとえばサッカーのブンデスリーガ(連邦リーグ)といえは、第1部のトップリーグをさしますが、これを頂点に第6リーグまでがドイツサッカー連盟の管轄だそうです。それ以下の州レベルになるとさらにまた何段階もあります。ちなみに第3リーグまでがプロです。

リーグ戦は対戦を繰り返し、シーズン中の総合戦績で順位を競います。ですから高校野球のように一回の試合で敗退というようなことはありません。そのせいか、子どもや若者の試合を見ていると、実力的には補欠クラスと思われるメンバーでも、適宜トレーナーは交代させてプレーしています。またサッカーのみならず実は他の競技でも「プンデスリーガ」があります。また、個人にとっては実力に応じた段階のクラブに入れば、きちんとゲームに参加でき、あくまでも生活の中の楽しみや自分の実力に応じたチャレンジとしてスポーツができるわけです。

体罰やしごきといったものも、見られないそうです。子どものときや、10代のときにスポーツをしていたことのある人たちに、日本の体罰の問題を説明しながら、「体罰があったかどうか」きいてみたそうです。しかし著しい遅刻やユニフォームを忘れたことに対して、「腕立て伏せ10回なんかはあったけど、日本のような体罰はなかった」というような答えがかえってきたそうです。それに対して日本の部活をスポーツ組織として考えると、試合に出て戦績をあげることや、記録を伸ばすことに偏重気味だと言います。私学になると、戦績と学校経営が関連するところもあります。そのため部活の顧問にとっては経営側からのプレッシャーもあるのでしょう。いささか斜に構えて見ると、選手たちは学校経営のために活用されているようにもとれると高松氏は言います。

戦士集団” への4件のコメント

  1. サッカー以外の競技でもブンデスリーガが存在していることは、スポーツの盛り上がりと系統連系の一本化が想像できますね。日本は、スポーツというと「戦士」になり、周囲も応援や指導に熱を帯びます。その点、ドイツでは「ゆるゆる」という表現は面白いですね。「同好の士」という考え方が主流であるということで、戦いというよりも趣味という感じなのでしょうね。それなのに、ドイツのサッカーの強さは不思議ですね。スポーツ指導の根幹を抉る差ですね。文武両道という言葉は、両方とも頑張りましょうというよりも、勉学を運動に、運動を勉学に活かしましょうという考え方であると以前学びました。日本には、知識や経験を他のものに関連付けて生かす能力が足りないのかもしれないとも思いました。

  2. 「別のクラブに移ればいい」とありました。これが保障さているというか、これを容易に出来るというだけでどれくらいの人が救われるでしょうか。日本はどうしても今所属しているその世界こそが自分の全てと思ってしまうような状況がつくられます。これがやはりまずいですね。合わないならやめればいい。まさに民主主義です。そういった動きがとれないとキツくなってしまいますね。これも日本人は手段と目的をしばしば履き違えるということにもつながるのかもしれないなと思いました。本来の目的を忘れて、手段が目的になってしまい、よくわからない道理がまかり通っているというのはよくありますね。また「それに対して日本の部活をスポーツ組織として考えると、試合に出て戦績をあげることや、記録を伸ばすことに偏重気味だと言います」ともありました。これも非常に分かります。部活をやっていた時に、県の大会などに出場すると、強い選手はなんだか傲慢で、悪くいうと非常に態度が大きかったのをよく覚えています。強ければ何をしてもいい。強ければいいんだというような雰囲気が確かにありました。あれはとても嫌だったことを覚えています。

  3. 試合をする限り勝つ、という暗黙かどうかわかりませんが、日本の部活やクラブチーム、そしてママさんスポーツの果てまで浸透しています。そうした意識、親御さんに多い気がします。自分自身だって負けたからプロ選手にならず今があるのに。確かに、子どもへの期待感、わかります。が・・・。自分が学業成績それほどでもなかったのに、勉強しない、勉強しない、と自分のお子さんのことを嘆く保護者の何と多いことでしょう。スポーツにおいても同様です。そして、根性論が台頭します。勝つためなら、殴る蹴るされても構わない、という狂信的な親御さんがいます。コーチも学校も大変ですね、日本では。どうしてこうなるのか。武士道のなごりでしょうか。戦争の名残でしょうか。それとも、ぷろすぽーつ選手の年収のおかげでしょうか?

  4. したくない、辞めたいという気持ちの保障という概念が若い頃の自分にはなかったというのが本音でした。そういう環境に自分の周りがなっていなかったというのがあるんだと思いますが、それこそこの保育という職業に就いたことで持つことができた概念であると思います。ドイツのような「ゆるゆる」の中ではスポーツでも輝くことができないと信じていた若い頃の自分が、ドイツのような国のことを若い頃に知っていれば、それは衝撃的なものとなっていたことでしょう。「したくない」というのも気持ちの一つだという認識を余裕をもって受け入れることが必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です