メンバーの平等性

ドイツでは柔道の運営組織はスポーツクラブです。ここでは、日本文化とドイツ文化が混ざっていきます。通常、練習前には先生と向き合って正座し、「先生に礼」と掛け声。一斉に礼をします。これはドイツでも一緒です。わざわざ「センセイニレイ」と日本語でやります。センセイとはトレーナーであり、基本的にはクラブのメンバーです。日本の感覚ですと、先生には必ず敬語を用います。ところがドイツではクラブメンバーなので、当然「おまえ」と呼びます。「センセイニレイ」といっておきながら、トレーニングがはじまると「おまえ」です。練習中でもトレーナーをつかまえて「ここのところをもう一度教えてくれる?」と頼むようなことがありますが、このときの二人称ももちろん「おまえ」です。いずれにしても一定の敬意はお互いに持っているのですが、柔道の流儀で「センセイニレイ」と言いつつ、ドイツには日本風の先生はいないというわけだと言うのです。

「センセイ」も「おまえ」という呼び方になってしまうドイツのクラブですが、柔道のトレーニング開始前、終了後の座り方にもクラブらしさが出ると言います。高松氏が知っている例を紹介しています。上級者から順番に座るところまでは日本と同じです。しかし人数が多いために練習場の端から端まで一杯になったときがちがうそうです。日本の場合2列、3列と座っていきますが、ドイツの場合は、端まで一杯になるとそのままアルファベットのL字型に座っていくのが主流だそうです。L字型に座っても場所が足りないような場合は、カタカナの「コ」の字型になることもあるそうです。日本で柔道をしている人からみると、面白い風景に見えるはずだと言います。

森の幼稚園

ではなぜ、こういう座り方になるのでしようか。ある柔道のトレーナーに尋ねてみたところ、スポーツクラブの平等性が理由だということだったそうです。日本柔道のように「上級者から座る」ということは行われますが、一列に座ることでメンバーの平等性を実現しようとした結果だと言うのです。高松氏が住むエアランゲン市内のクラブが、自分たちをどのように定義しているかを思いだしてほしいと言います。「人種主義や差別に反対し、年齢、宗教、経歴、国籍に関係なく、誰にでも開かれている。そしてわれわれは寛容、社会的、連帯を重視したコミュニティである」としているのです。

そして、日本の人間関係の序列感覚が組み込まれている柔道がドイツで行われると、スポーツクラブの理念と絶妙に組み合わさっていくのがわかります。日本の柔道が「体育会系柔道」とすればドイツは「スポーツクラブ柔道」といったところだと高松氏は言うのです。高松氏が、スポーツクラブについての取材やリサーチを始めたころ、長年あるクラブの代表をしていた人から「われわれには『おまえ』と呼び合う文化があるんだ」と誇らしげにいわれたことがあるそうです。

さてこの「タメ口カルチャー」はいつ、どこで作られたのでしょうか。これを見るには、少しスポーツクラブの歴史を見る必要があると言います。以前、高松氏はサッカーのチーム名を超訳で紹介しましたが、その中のひとつTSG1899ホッフェンハイムをもう一度見てみます。チーム名の意味は「1899年設立のホッフェンハイム地区の体操とスポーツのコミュニティ」です。Tは、体操コミュニティという意味の「Turngemeinschaft」の省略です。

メンバーの平等性” への4件のコメント

  1. 『「センセイニレイ」といっておきながら、トレーニングがはじまると「おまえ」』は、なんとも言えない面白さがありますね。しかし、笑ってはいけませんね。ドイツでは真剣に柔道に向き合っているのですからね。とは言っても、異文化を輸入するというのは、少なくともこういったものであるのかもしれませんね。また、非常に気になってのは『練習中でもトレーナーをつかまえて「ここのところをもう一度教えてくれる?」と頼むようなことがあります』といったシーンであり、日本では指導者にこのようなことはなかなか言わない気がします。どこか指導者の指導方法にケチをつけているように見えるのでしょうか。成長するためには、このような積極性は非常に効果的だと感じます。そして、スポーツクラブの座り方から見る「メンバーの平等性」もとても新鮮ですね。そのようなひとつひとつに、「デモクラシー」や「平等」という考え方があるのですね。

  2. 「日本の人間関係の序列感覚が組み込まれている柔道がドイツで行われると、スポーツクラブの理念と絶妙に組み合わさっていくのがわかります」とありました。このような姿勢は地域間の保育でも参考になるように思いました。その地域の特性をしっかり理解し、それを活かしつつ、保育を変えていくということが必要なんだろうなと思います。全てを同じように変えるというのも一つの方法ですが、地元の実情、職員の実情を踏まえてこの地域の園として、今の園として何から変えていくのかということを考える視点というのは大切なことだと思いました。話は少し変わりますが、やはり剣道も柔道と同じようなにおいを感じますね。目上の人が座る前に座るなんて、、、という世界でしたし、なんともいえないない独特の雰囲気がありました。剣道そのものは嫌いではありませんが、あの雰囲気はいやだな〜と今も思います。

  3. 年功序列、長幼の序、先輩後輩、・・・日本社会における、このヒエラルキーはありとあらゆるところで生きているような気がします。支配被支配の関係もあります。主従の関係、雇用主被雇用者、・・・。まぁ、学校や会社では良しとしながらも、それ以外の集まりではどうでしょうか。入会時期の早い遅いで違って来ますね。やはり先輩後輩の序列はあります。日本人は序列があることで安心する民族なのかもしれませんね。個が優先されると序列は二の次になることがドイツの事例からわかります。「ため口カルチャー」。郷に入っては郷に従え、ですから、全体がその文化なら慣れていくことでしょう。日本では無理なカルチャーですね。「センセイニレイ」とのかけ声、その意味をわかっているのだろうかと思いますが、まぁ、柔道であれ何道であれ、形から入って魂が入りますから。

  4. 文化と文化が混ざり合うおもしろさを知ることができますね。「センセイニレイ」と言っておきながら、トレーニング中は「おまえ」と呼ぶというのを見ているのを想像すると、なんだかほんわかしそうな気もしますが、それがドイツの文化の一端なんでしょうね。そして、座り方も少しずつ異なっているということで、日本の文化にドイツの「デモクラシー」が組み込まれていくとそのようになるということ、実は細かいところほど大切なことなんだということが分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です