都市と農村

大都市の教育における特性で最も印象的なのは、文化や言語の違いを超えて、都市がどのくらいその強みと弱みを示し、共有しようとしているかです。ある意味、都市は国全体よりもグローバルな機会に恵まれています。都市のリーダーに会うと、彼らはいつでも外に目を向けて、世界のあらゆる都市から熱心に学ぼうとしています。国の教育リーダーにありがちな、他の都市や文化から学ぶことができるか、あるいは学ぶべきかという質問をすることはありません。

しかし、大都市の生徒がどこでも勝っているわけではありません。都市部の生徒の点数だけを見ると、ほとんどの国で成績は向上しますが、幾つかの国では反対の結果が見られるそうです。例えば、ベルギーとアメリカでは、大都市の生徒の成績が国全体の成績を引き下げているそうです。これらの国々では、大都市のメリットを全ての生徒が享受できていない可能性があると言います。例えば、生徒は社会経済的に恵まれない家庭の出身であり、家庭では授業を受ける言語とは違う言語を話しているかもしれません。または、相談したり助けてもらいたい時に、頼れる親が一人しかいないのかもしれません。

例えば、ポーランドの大きな成績差は、都市と農村の社会経済的環境の大きな違いを反映しているそうです。地理的な社会経済的環境によって利用できる教育資源、文化、教育施設が異なり、これら全てが生徒の成績に影響を与えている可能性があると言うのです。

したがって、PISAの成績で中程度のイスラエル、ポーランド、ポルトガル等は、都市の生徒が最高の教育を受けている生徒と肩を並べることを誇りに思いながら、教育資源や機会の配分の不平等と、生徒の社会経済的環境による学習成果の不平等に対処しなければならないのです。

特に、これらの国々の孤立した地域には、生徒が可能性を最大に発揮できるように対象を絞った支援や方策が必要かもしれないと言います。反対に、都市の生徒の成績が下回るような国々は、生徒が都市環境の文化的社会的なメリットを享受できる方法を見つけなければならないのです。さもなければ、これらの国々は教育の質を高めることができないだろうとシュライヒャーは言います。

2004年3月、ドイツ移民統合委員会のリタ・ジュスムート会長とシュライヒャーは、移民家庭出身の生徒の成績について報告をまとめたそうです。当時の委負会は、生徒が新しい地域に馴染めるように学校が支援する方法に懸念を示しましたが、後々まで優先的な課題として認識されませんでした。その頃ドイツは、他の多くの国々と同様に、多様な生徒のための教育制度をつくりあげるための貴重な時間を無駄にしていました。

10年以上も後の2016年1月に、国連難民高等弁務官のフィリッポ・グランディ氏とシュライヒャーが面会した時、移民問題はまったく新しい側面を持つようになっていたそうです。かつてないほど多数の生徒を含む何万人もの移民や亡命希望者がヨーロッパに流入し、安全とより良い生活を求めていたのです。

それ以前でも、OECD加盟国の移民の生徒数は、15歳で2 0 0 6年の9.4 %から2015年には12.5%に増加していたのです。しかし、メディアが不安を示したにもかかわらず、移住先の国々の教育水準は低下しませんでした。これは驚くべきことかもしれませんが、あくまでも一見での印象だと言います。