教育の結果の保障

シュライヒャーは、これからの時代に価値あることは、孤立した個人の成績ではなく、より協同的で、多くの人の協同する能力を元に皆の知識を共有、統合していく必要があると言います。そのために、学校は、生徒が現代の生活で多元的共存を自覚して成長することをよりよく促す必要があると説いているのです。私が、乳児期から、子ども同士のかかわりを大切にしていこうと提案することに繋がります。

協同性が大切である時代に向けて、教育は何をしてきたのでしょうか?2015年のPISAによる最初の「協同問題解決能力」の調査結果では、集団力学を意識し、目的達成のための障害を克服し、他者との意見の不一致を解決する行動を必要とする問題解決を完了できたのは、15歳の生徒はOECD加盟国平均で、10人中1人より少なかったそうです。そして、目標を達成し、他者と共に生きて働き、感情をコントロールするのに関係するこの社会情動的スキルには、忍耐、共感、他者の視点、思慮深さ、倫理、勇気、リーダーシップなどの性格が含まれるのです。その育成が、IQからEQ力への移行、非認知能力の獲得への課題と移ってきていることなのです。

様々な考え、観点、価値観の理解、多様な文化的起源の人々との協力、そして、国境を超えた問題により人生に影響を受ける世界で子どもたちが生きてい働くのに役に立つのは、STEMの一つであるテクノロジーによって空間と時間を橋渡しです。テクノロジーによって、世界中の人々がさらに繋がっていくとともに、多様なチーム内での効果的なコミュニケーションと適切な行動が必要になってきます。これは、今までの一人の大人対子どもの関係から、多様な大人のチームによって子どもを支える必要があるということだと思います。

さらに、このような子どもの育ちを保障するために、地域コミュニティの豊富なリソースに対してオープンであり、家庭、地域社会、高等教育、企業、特に他校や異なる学習環境で行われることが必要になります。今までは、どうしても学校は孤立しがちです。すると、潜在的な可能性を制限してしまいかねません。また、内容にしても、今までは教科中心の指導でよって行なわれてきました。今後は、プロジェクト型になり、主題となる教科や分野の境界を超えて生徒が考えるのに役に立つ経験を積み上げる必要があるのです。また、かつては異なる生徒にも似通った方法で教え、標準化が目標とされ、標準的なカリキュラムに従い、年齢層ごとに教育され、全て同時期に同様に評価されてきました。これからは、多様性を受入れ、一人一人が人生のさまざまな段階で異なる方法で学ぶことをより認識する必要あるのです。

従米の政策は、教育を提供することに注力してきました。それが今、教育の結果の保証に変わっているのです。上を見て働く官僚主義から次世代の教員、次世代の学校、そして次世代の教育システムへの移行です。従来の政権は、学校運営を重視していました。今求められるのは、優れた教員を支援、評価、育成し、イノベーティブな学習環境を作り上げる学校管理職の教育的リーダーシップであるとシュライヒャーは言うのです。これからは品質管理ではなく、品質保証が求められるのだというのです。幼児教育の場でも、今後は質が大事と言いますが、保育の質管理ではなく、保育の質を保障することが課題になってくるのです。