異なる視点

異なる視点や世界観に従うには、一人ひとりが他の起源や含意や前提を調べる必要があります。これは他者の現実観や視点に深い敬意と関心を持つということである。私が一昨年出版した「保育の起源」は、そこを意識しています。保育の起源を考える上では、他の起源や合意、前提を知ら得る必要があると思っているのです。もともと保育や教育は、他の分野と違って、人の生き方、生活、文化に関係するものだからです。そこには、当然経済も考慮しなければなりません。決して、他の介入を拒むほど聖域ではなく、広い視点から見ていく必要があるのです。シュライヒャーも、そう考えているようですが、だからといって、他者の立場や信条を認識するとは、必ずしもその立場や信条を受け入れることではないというのです。しかし、複数のレンズを通して物事を見る能力は自分自身の視点を深め、より成熟した意思決定を可能とします。そうでなければ、教育システムは砂上の楼閣になってしまいます。たとえ境界を主張しても、相互依存している現実では境界を維持できないというのです。

これらの認知的、社会情動的スキルを育成するには、学習と教育のための非常に異なるアプローチや教員の能力が必要となります。前もって準備された知識を授けるような教育では教員の質は低くなります。そして教員の質が低いと、政府は望む結果を得るために民間セクターを使って、教員に何をすべきか、どのようにしてほしいのかを正確に伝える傾向があります。現在の課題は、教職というものを高いレベルで自律し協同的な文化で働く進歩的な知識労働者とすることだとシュライヒャーは言うのです。教員は有能な専門家、倫理的教育者、協同学習者、革新的な設計者、変化に富むリーダー、社会の構成員として働いているのです。

しかしそのような人々は、主に行政上の説明責任体制、職務を指示する官僚的な指揮命令系統、科学的管理主義で組織された学校の交換可能な大量生産品としては機能しません。現代の学校システムに必要な人々にとって魅力的であるためには、学校の専門的な統制基準、官僚的で管理的な職業基準を変える必要があると言います。過去とは社会通念であり、未来とは私たちが創り出す知恵なのだというのです。このことから、彼は、「過去に学ぶのではなく、子ども達の将来のために備える」ことが大事だというのでしょう。すなわち、「昔からそうしてきた」とか「今までこうしてきた」ということにとらわれずに、これからどのような社会になるかをよく見極め、今何が必要なのかを考えることが大事であるということだと思うのです。

かつては分断されていました。すなわち生徒を内部に閉じこめるように設計された学校で、教科や将来のキャリアへの期待別に分けられたことにより、教員や教育内容も振り分けられたのです。校内以外は全て外部で、家族とのかかわりや他行とのパートナーシップにも消極的でした。将来は教料や生徒の相互関係に重点を置いて統合していく必要があると言います。また、実社会の文脈と現代の課題に密接に関連づけられ、地域コミュニティの豊富なリソースに対してオープンな学びであらねばならないとシュライヒャーは言うのです。