今後の学校

学校での従来的なアプローチとして、扱いやすいように課題を小さく分割し、解決方法を教えることがよくあります。しかし、現代の社会は様々な知識分野を統合し、以前は関係ないと思われたような考えを結びつけることによって価値を創造するのです。そのためは他分野の知識に精通し、受容する必要があるちうのです。

現在の学校では、通常、生徒が個々に学び、学年末には個々人の成績を評価します。しかし、世界がより相互に依存するにつれ、より協同的であり俯瞰して実務をおこなうような人が必要になると言います。イノベーションとはいまや孤立した個人の成果ではなく、むしろ知識を動員、共有、統合された成果であると考えています。ウェルビーイングは総意に基づいて協同する人々の能力にますます依存しているのです。したがって学校は、生徒が現代の生活で多元的共存性を自覚して成長することをよりよく促す必要があるというのです。つまり、協同を教えその価値を理解するとともに一人ひとりの学業成績を達成し、生徒が自分自身のために考え、他者のために行動できるようにすることを意味するのです。

現実には生徒がほとんどの時間を個々の机で過ごしており協同学習の時間は限られていることが、2015年のPISAによる最初の「協同間題解決能力」の調査結果から驚くほど明らかになったのです。集団力学を意識し続け、目的達成のための障害を克服し、他者との意見の不一致を解決する行動をとる必要があったとはいえ、比較的シンプルな内容の間題解決のタスクを完了することができた15歳の生徒はOECD加盟国平均で10人中1人より少なかったそうです。

より一般的には、要求されるスキルの変化が社会情動的スキルの重要性を高めてきました。目標を達成し、他者と共に生きて働き、感情をコントロールするのに関係するこのスキルには、忍耐、共感、他者の視点、思慮深さ、倫理、勇気、リーダーシップなどの性資が含まれます。実際にシュライヒャーは、そのような性質を育成する際立ったエリート校を見てきたそうですが、幅広い目標を不可欠なものとして掲げてきた教育システムはほとんどなかったそうです。大多数の生徒にとって学校での人間性形成は教員の優先事項であるかどうかによる運の間題だと彼は言うのです。

社会情動的スキルは次々に多様性と重要な形で交差していると言います。様々な考え、観点、価値観を理解し、多様な文化的起源の人々と協力し、テクノロジーによって空間と時間を橋渡しする必要があるという世界、国境を越えた問題により人生に影響を受ける世界で子どもたちが生きて働くのに役立ちます。テクノロジーによって世界中の人々がさらに繋がっていくとともに、多様なチーム内での効果的なコミュニケーソンと適切な行動が多くの職場での成功の鍵となると言います。雇用主は、新たな文脈に自分のスキルや知識を適用したり応用したりし、容易に適応する学習者をますます求めています。相互に関連する世界に求められる社会人として、若者はグローバリゼーションの複雑な動態を理解し、異なる文化的背景を持つ人々にオープンである必要があるというのです。