変化する世界

生厖学習とは、絶えず学び、状況が変化したときに知識を調整し学び直すことであり、振り返り、見通し、行動の連続したプロセスを意味すると言います。振り返りには、意思決定や選択、行動する際に既知のものや想定されているものから一歩引き、異なる点をもって批判的なスタンスを取る必要があります。見通しには、将来何が必要か、今日取った行動が将来の結果に及ぼす影響を見越すため、分析的思考や批判的思考といった認知能力を結集します。情勢を作り変化させるのは私たち全ての人にかかっていると信じるからこそ、振り返り、見通しとともに、責任ある行動を進んでとるようになるのです。こうして主体性が育ちます。現代の学校とは、生徒が絶えず進化、成長し、変化する世界で適切な場所を見つけて順応するための場であるとシュライヒャーは考えています。

まだ存在しない将来の仕事のために学び、想像し得ない社会の課題に取り組み、まだ発明されていない技術を活用する準備のため、学校は生徒がかつてない急速な変化への準備をする場となるというのです。また、生徒が相互につながり合う世界で、異なる視点や世界観を理解し、他者を尊重して互いによくかかわり合い、持続可能で集団的福利のために責任を持って行動する準備の場となるのです。

彼の言う学校の役割、学校がどのような場になるべきかは、その就学前である幼児教育のあるべき場を考えるうえで、きちんと認識する必要があると思います。ここにも子ども同士の関わりの大切さが示されています。「生徒が相互につながり合う世界で、異なる視点や世界観を理解し、他者を尊重して互いによくかかわり合い、持続可能で集団的福利のために責任を持って行動する準備の場」は、どの場でも必要なことです。

私たちは認知的、情動的、社会的レジリエンスを強化する教育により、予期せぬ混乱の中でも人は組織や制度を存続し、おそらく繁栄させることができ、社会や経済の変化にあって第栄するのに必要な柔軟性、知性や敏感さをコミュニティや機関に提供できると言うのです。

もちろん最先端の知識は常に重要であると言います。革新的で創造的な人々は、一般的に知識や実践の分野で専門的なスキルを持っています。学び方を学ぶことが重要で、人は常に何かを学ぶことによって身につけます。しかし、教育での成功はもはや学んだ内容の知識を再現することではなく、主に既知のことから推定し、今までにない状況で創造的に応用することであると言います。このことはIT社会になることで、将来なくなる職業の一覧表を公表して話題になったケンブリッジ大学のオズボーンも、今後労働市場で生き残っていくために必要な力として、「高いcreativity」を挙げています。それは、「複数の一般的なアイデアを、一般的ではない方法で組み合わせることで新しいアイデアやものを作り上げる能力」であるとしています。全く同じことを言っています。

シュライヒャーは、例えば、科学者、哲学者、数学のように考える認識論的知識は、特定の公式、名前、場所を知ることよりも優先されると言います。ですから今日の学校教育に特に必要なのは、創造性、批判的思考、課題解決や判断を含む考え方、コミュニケーンヨンやコラボレーションを含む活動方法、新しい技術の可能性を理解し活用する能力を含む活動のためのツール、能動的かつ賢明な市民として多面的な世界に生きる能力であるというのです。