各国の改善

シンガポールは今や教育機関の質においても、革新的な教育政策の立案や実施における教育者の関与の深さについても一歩先を進んでいると言われています。そんなシンガポールが幼児教育にも力を入れ始めています。シンガポールと言えば、幼児期から現地のマレー語だけでなく、英語、中国語の三ヵ国で保育をしており、ほとんどの幼児が三ヵ国語を話すことができます。しかし、今後のIT社会になると、語学力だけでは意味がなくなるということで、いち早くSTEMという科学を取り組み始めています。そして、私が提案するFUJIMORI METHODを多くの園が取り入れ、実践しはじめています。それは、子どもは生まれながら有能な学習者であるということと、乳児から子ども同士の関わりから刺激を受けるという考え方です。

では、日本についてシュライヒャーは、どう評価しているのでしょうか?日本はこれまで一貫してPISA最上位国の一つです。しかし、各教科の履修内容の再現を要求する間題には強くても、習得した知識を未知の状況に応用する自由記述形式での成績は芳しくないことが判明したと言っています。この結果について多肢選択式の大学人試に慣れている親世代や世論の理解を得るのは容易ではなかったようです。日本は全国学力調査に「PISA型」の自由記述形式を取り入れるという政策で対応しました。この改訂により指導方法にも変化が見受けられたと言います。2006年から2009年の間に日本は、加盟国の中で、自由記述形式において最も足早の改善を見せたのです。この改善は、弱点に対応するための公共政策の変化が、いかにして教室の現場での変化をもたらせるかを示している点で大きな意義があるとシュライヒャーは言っています。

国民の生活向上のために東アジアがどれだけ教育に力を注いでいるか、未だに西欧諸国は低く見積もりがちだというのです。シュライヒャーが2012年9月ロシアのウラジオストックでAPEC首脳会議で講演した際、彼は、これが教育関係者だけでなく、政府のトップレベルにおける強い関心事となってきていると実感したそうです。

アメリカでは最初のPISAはそれほど注目を集めなかったそうです。2006年の調査結果発表と共に風向きが変わっていきました。ウェストバージニア州の前知事で、卓越した教育連盟のボブ・ワイズ会長の呼びかけで、全米知事協会、全米州教育長協議会、ビジネスラウンドテープル、アジアソサエティが調査結果を聞くために2007年12月4日にナショナルプレスクラブで一堂に会しました。

数か月後の2008年2月、シュライヒャーは全米知事協会冬期会議でPISAについて講演し、国際比較に向けられた州知事たちからの大きな関心を目の当たりにしたそうです。その月に故エドワード・ケネディ上院議員とワシントンのオフィスで会い、ポーランドがいかにして6年間で成績不振の生徒の数を半減させたか説明したそうです。ケネディの瞳は輝き、当初20分の予定だったシュライヒャーのアポイントはほぼ3時間に及んだそうです。その年の5月、当時の上院多数党院内総務のハリー・リード上院議員とケネディ上院議員によって特別なランチョンミーティングが手配され、シュライヒャーは20名の上院議員と共にPISAの結果について議論したそうです。