社会的な子ども

キャシーは、人がどう学ぶのかということについての科学的知見に基づいて、決まりきったことをただ覚えるだけでなく、他者と協力し、創造的で、自分の能力を存分に発揮する、責任感溢れる市民になることのできる子どもを育てる新しい方法を示してきました。そして、この方法を実現するには、子どもがどのように学ぶかについて私達の考えを変えなくてはならないというのです。知識というコンテンツだけでなくもっと大事なことがあるというのです。それは、社会的な子どもこそ、賢さを備えた子どもであるということです。創造性はこれからの時代を生き抜くために不可欠の要素です。そして最高の学びは失敗した時に生じるのです。

そこで、自分達の家庭、学校、地域を、新しい学びを育てる場に変えようというのです。6Csはそのために必要な地図であり、成功を目指す道の途中で振り返るために必要なチェックリストだというのです。6Csを手がかりに学校だけでなく、学校の外での教育が子ども達にとって価値のあるものに変われば、子ども達はビジョンを持って、より良い社会を創出してゆくだろうというのです。

彼女の提案は、非常に共感するものです。実は、この主張、取り組みは、キャシーだけでなく、ロバータとの共同で行われたものです。キャシーは、ペンシル大学で博士号を取得し、テンプル大学教授です。一方、ロバータは、コーネル大学で博士号を取得し、テラウェア大学教授です。二人の共著である「Einstein Never Used Flash Cards」(アインシュタインはフラッシュカードを使用したことがない)は、世界中で翻訳され、2003年に最も優れた心理学者に贈られるBooks for Better Life Awardを受賞しています。卓越した研究業績だけではなく、認知心理学、発達心理学の基礎的な研究を教育に活かし、社会に貢献するために様々な重要なプロジェクトに関わり、世界から注目されています。

彼女らの素晴らしいところは、まず目指すべき子どもの姿を明確にしていることです。その姿は、「他者と協力し、創造的で、自分の能力を存分に発揮する、責任感溢れる市民になることのできる子ども」です。その姿が、彼女らの考える21世紀における「成功」です。そのために、私たちは、学校の内外を問わず、健やかで、思慮深く、思いやりがあり、他者と関わって生きる、幸せな子どもをサポートする環境を作る必要があるのです。そんな子どもが、やがて、他者と協力し、創造的で、自分の能力を発揮する、責任感溢れる市民となり、社会を活性化するというのです。これが、共有すべき目標であり、この目標を目指す挑戦こそが、私たちが取り組むべきミッションだというのです。

では、このレベルの高いミッションをどのようにして達成させていくのでしょうか?彼女らは、この問いに対する答えは、なんと子ども自身からであり、子どもの学びを研究する科学からだと言います。どのように子どもが学ぶか研究することで、これから子どもが身につけてほしい、システムとして統合的に働くスキルこそが、何度も繰り返し出てきた6Csだというのです。

また、なんどでも繰り返されている姿として、「他者と協力して」が出てきます。この力こそが、私が提案する保育カリキュラムの根幹をなすものなのです。