地域では

キャシーらは、ニューヨークのセントラルパークで「究極のご近所パーティ」を実施しました。そこで、プロの建築ディナーが作ったレゴのビルがあれば、コロンビア大学の研究者によるロポットの展示もあります。子どもは、知識コンテンツの学びはもちろんのこと、それ以上のことを学ぶ機会を得たのです。参加した親に意見を聞いてみると、いくつか活動を見てゆくうちに学びについて自分が抱いていたイメージが変わり、レゴで空間認知能力が育ち、ロボットへの興味から科学を学べることが分かったと言っています。こうした経験を通じて、親達は身の周りの世界に数学、国語、社会、理科か満ち溢れていることを理解したのだそうです。

新しい意味で子どもが「成功」するために必要なスキルについて意識します。学びは学校と教科書で行うという考えを捨て去ります。そして遊びと語りが学び続ける力の源泉だと知ります。私達の心がこうした変化したとき、6「C」sによって遊びと教育の繁がりを「See」する、つまり理解することができるというのです。あなたの経験する全ての瞬間に学びは潜んでいるのです。キャシーは、可能性は無限大だというのです。

遊びと教育を一体化し、幸せな市民を育てる道を創造することこそが私たちの「使命」です。ここまで、プレイフルな学びこそ実は最適な学びの姿だということをキャシーは述べてきましたが、最適な学びは時間を忘れ、想像力を存分に働かせて、課題に没頭する時に生じるというのです。

熱心な庭師は隣人と協力して植物を植えたり、夏休みに家に戻ってきたら、トマトが収穫できるように計画したりする時に6Csを作動させます。運動選手はコラボレーションをフィールドで学びます。そして何が勝負の分かれ目となりそうかを必死に計算します。オーケストラのバイオリン奏者はコラボレーションとコミュニケーションとコンテンツをステージで学びます。木管楽器の響きを意識しつつ一人で演奏する時に自分の音を出すテクニックが必要です。私達は身の周りの多くの活動が6「C」sを花開かせることに役立つことを「See」しています。すなわち、知っています。カルラ・リナルデイがレッジョのアプローチを私達に伝える時、木に語りかけるように私達を促したのはこのことを伝えたかったからでしょう。

多くの点でレッジョの学びへのアプローチは、学校環境で6Csを育てる最高の例と言えよるとキャシーは言います。レッジョのアプローチは6Csと同じように科学的な研究に基づいて生まれ、子どもを単に頭脳面だけでなく、社会的な側面も含めた全人的で能動的な存在として捉え、コミュニティが共同で責任を持って子ども達を育てるという市民意識に基づいています。今教育している子ども達が30年後、共同体を担う市民となるということをコミュニティの誰もが共有しているのです。このイタリアの小さな町の家族は、キャシーらが提案しているような賢い子どもを育てたいと思っていることは間違いありません。しかしリナルディが断言するように「成功」はテストの点数では判定できないのです。「成功」とはそんなちっぽけなものではありません。ここまで何度も繰り返したように、健康で思慮深く思いやりがあり、他者と関わって生きる幸せな子どもが育ち、彼らが他者と協力し創造的で自分の能力を存分に発揮し、責任感溢れる市民となることが「成功」するということであり、幸せに人生を送るということなのです。