プレイフルな学び

リナルディは更に続けています。「遊びの中に子どもが善き市民となり、民主主義を身につける種が宿っている」。遊びは自由であり子どもは自由な遊びを司る存在になります。自分でシステムを動かし自分で何かを作ります。これが自ら責任を持って、主体的に行動する市民の礎になるというわけだと言います。しかし自由なだけでは遊ひは成立しません。集団のルールによって制約されるからです。もし相手のチームがルールを無視したら、私達はサッカーをして遊べないでしょう。遊びの中で私達は他者と共に動くこと、すなわちコラボレ1ションを学び、他者の見方、考え方も考慮して全体を見渡し、どんなことを実現したいか語り合う必要、すなわちコミュニケーションする必要が生まれるのです。今一緒にやろうとしているゲームについて理解し、コンテンツであるルールを作り、対立や争いが起きたら、理性的に判断し、それがクリティカルシンキングなのですが、皆で知恵を出し合って、どう問題を解決していったらよいか解決法を編み出していきます。それがクリエイティブイノベーションなのです。そして、解決法を考える時も、見出した解決法を実行する時も、自分の思いを素直に出す勇気を持ち、簡単に諦めず粘り強く取り組み、グリットを発揮しなくてはなりません。それが、コンフィデンスという自信です。これこそ善き市民となり、民主主義を身につけるための最高のレッスンなのです。ルールのあるゲームをプレイするという意味での遊びを通じて、民主的なプロセスを経験し理解します。遊びが最高の学びをもたらすのです。

しかしこれまでの学校教育の中で、学びの中に、今述べてきたような意味での遊びが入り込む余地は殆どありませんでした。それは仕方かないところもあるとキャシーは言います。学校での学びはただ楽しいだけで済ませるわけにはいきませんし、全てを子どもの自由のままに任せるわけにもいかないからだと言います。キャシーらは学びには二つのタイプがあると考えているそうです。一つはフリープレイによる学びであり、リナルディの譬えのように、蝶の羽を羽ばたかせる学びです。子どもは遊びに没入していて、それが学びに繋がっているなどという意識は全くありません。

玩具産業協会が「遊びの天才」というシリーズ動画をYouTubeで公開しているそうです。この動画を見ると、遊びと学びが一体であることがよく解ります。ごっこ遊びがコミュニケーションとコラボレーションのスキルを育て、ブロック遊びによって空間と数というコンテンツを身につけます。

フリープレイによる学びは6Cs全ての発達に大きな意味を持つとキャシーは言います。それは先に書いた通り遊びのプロセスの中で6Csを使いながら獲得してゆくからです。自分一人で、仲間とあるいは大人と、フリープレイによる学びをすることで、子どもは自分のアイデアを素直に出すことができ、自分が何を好み、何を嫌うのか知り、学校で学ばなければならないことの礎となる多くの知識コンテンツを学びます。しかしフリープレイから学ぶもっと大事なことは「ソフトスキル」だと言います。交渉するためにはコミュニケーション、コラボレーション、クリエイティビティ、コンフィデンス(自信)を総動員する必要があります。遊びのありとあらゆる場面で「交渉すること」が求められ、そのプロセスを通じて6Csが鍛えられてゆくのだというのです。