新しい方法

私達は全てのCのレベルを上げるために努力を続けてゆくべきですが、だからといって全てのがトップレベルでなければいけないと考える必要はないとキャシーは言います。現代社会では突如仕事の環境に新しい変化が起こり、自分がそれに適応しなければならないことが珍しくありません。その時新しい状況に適応する力が求められているのです。そういう時代においてテストの時に空欄を何かで埋めることができるという知識コンテンツだけ身につける教育では、全く通用しません。6Csというスキルの集合体で自分達のプロファイルを作り、学びを見つめ直すことで、私達はどこを目指し、何を達成したのか明確に捉えることかできるのだというのです。

私達は学びを新しい方法で見ようとしているのです。それは同時に私達の社会でこれまで考えられてきた「成功」のイメージを変えることでもあるのです。「成功」とは、学校の授業で良い成績を得ることだけではありません。学校の学びに注目するだけでは、21世紀を生き抜く子どもを育てることはできないのです。その理由の一つは、子どもは学校で過ごす時間より遙かに多くの時間を学校外で過ごしているからだというのです。従って学校「外」の時間を子どもがどう過ごすかを考えなくてはいけないのです。もう一つの理由は学校や塾を含めた学校的環境での学びだけでは、子どもの発達にとって必要な多くのことを身につけることはできないことにあるというのです。6Csをバランスよく発達させて子どもを「成功」に導くには、どうしても学校的でない環境を必要とするからだとキャシーは言います。

「成功」するには知識コンテンツを身につける必要がありますが、それは一部に過ぎないと言います。私達が子どもに望むのは、幸せな人生を送ってほしいということでしょう。生きる喜びに溢れて、生涯学び続けることなくして幸せになることはできないのです。どうしたらお互いに信頼し合う友を持つことができるでしょうか。遊び場、仕事場で直面する人間関係での摩擦をどのように解決できるでしょうか。子ども達はこういった課題に取り組み続け、善き市民となり、社会と経済を望ましい形に発展させていきます。これこそ21世紀の子ども達が目指す「成功」の姿でしょう。子ども達の「成功」を私達大人がサポートしようと考えるなら、学校「内」の教育と学校「外」の教育を統合する方法を考える必要があるというのです。そこでキャシーは、「遊び」という観点で6Csを見つめ直してみています。

これまで私達はどうしても遊びと学びを分けてしまい、双方が対立し合うものだと捉えてきました。キャシーらは以前この対立をまるで『ロミオとジュリエット』のキャピュレット家とモンタギュー家の対立のようだと言っていたことがありました。私達は遊んだら仕事はできないという発想に凝り固まっています。しかしリナルディを始め、学びや教育に携わる多くの専門家は違う見方をしています。リナルディは「それは蝶の羽のようで、遊びという羽と仕事という羽と二つあるから飛べるのです」と言っています。遊びと学びはまさに一体のもので、両方がうまく結びつくことが大事なのです。