スキルの発達の順序

歴史の授業は本来、事実を教えるのではなく歴史の流れを理解するものであるはずです。教科書や資料に書かれた事実を多様なストーリーで読み換えてみることを子どもに学んでもらいたいのです。キャシーらの研究室にベルリンからの留学生がやってきて、彼にベルリンの壁が崩壊した時代をどう生き抜いたか語ってもらったことがあったそうです。その時彼が最も印象に残ったこととして口にしたのは、壁崩壊の後、歴史の本で述べられた事実が全く変わってしまったことだったのです。東欧の「事実」が西欧の「事実」に塗り替えられ、あっという間にレーニンって一体誰?というような状態になってしまったのです。このエピソードが象徴するように事実は見方によって変わるものだと言います。だからこそクリティカルシンキングが大事になってくるのです。

6Csは何十年もの心理学研究の蓄積によって明らかになりました。スキルの発達には順序があり、あるスキルが基礎となって次のスキルが芽生えます。それは子どもが発達に応じて自然に見せる姿と重なっています。コミュニケーション能力はコラボレーションできないと高まらないのです。コミュニケーションは言葉にならない声を上げている発達の初期段階であっても、自分の周囲にいる他者とコラボレーションしたいと認識することから生まれるのです。

ロビンソン・クルーソーの無人島での生活を思い浮かべてみれば解るように、自分以外に誰もいなければコミュニケーションをとる必然性は生まれません。自分に向けてのみ語りかける作家は個人的な日記は書けるでしょうが、自分の文章を読んでくれる人をイメージしなければ相手に伝わるような文章を書くことはできないのです。

コミュニケーションできるからこそ知識というコンテンツを得ることができるのです。幼児は自分で探索しながら世界について学びますが、それより遙かに多くのコンテンツを周囲の大人との言語を介したコミュニケーションによって身につけるのです。もし大人の話を聴くことができず、テキストをすらすら読むことができなかったら知識を獲得できません。学年相当の読解力を身につけようというキャンペーンが最近盛んになってきたのは、まさにこのことを憂慮しているからだそうです。このキャンペーンはケイシー財団によって始められましたが、今では多くの州において、小学3年生段階の読解力を3年生までに身につけられるように支援することを法律で義務づけているそうです。

学年相当の読解力がなく、学ぶために読むことかできない子どもは、正式の学校教育を終えることができずにドロップアウトしてしまうという事実を政治家達は認識しているそうです。小学3年生の読解力はこの政策を実現するためのカギとなる学年です。コンテンツを学ぶには読んだり、語ったり、書いたりするコミュニケーションスキルが不可欠なのだとキャシーは言うのです。

クリティカルシンキングの力が知識というコンテンツに依存しているということは驚くべきことではないと言います。コンテンツの信頼性はクリティカルシンキングの力によって左右されるので、どちらが先とも言えない部分はあると言います。しかし最初に何らかの情報を手にしていなかったら、判断のしようがありません。弁護士やディベート大会の選手は意見・立場の正当性を明らかにするために証拠を集めます。起業家はある企業を買収する前に財政状況を「精査」しなければなりません。研究者は先行研究を調べ、見落としかないか確かめた上で新しい研究に着手するのです。