大人自らモデル

自分はできないと初めから思ってしまうと、その予想通りに悪い結果しか得られないということを述べキャシーは以前に述べていました。この記事のような母親の傍にいる子どもはまるで風邪が伝染するように、数学苦手病になってしまうでしょう。私達は子孫に対して疑念と恐怖の心ではなく自信を育てる環境を作ってゆかなければならないとキャシーは言うのです。

家の外で子どもが自信と粘り強さを育てる機会は沢山あります。子どもはどんな家の仕事ができるようになったでしょうか。週末何か仕事をすることはできないでしょうか。病気の隣人や親類の面倒を見ることやボランティアに参加することもできます。子どもができることを活かして誰かを助ける活動に関わる機会を作るといいと言います。こうした活動を通じて、子どもは他者を助けることが自分の喜びに繋がることを学ぶでしょう。

「心配するな。次はきっとうまくいくぞ」というように子どもを盛り立てる素晴らしい教師もいますし、残念ながらそうではない教師もいます。教師が失敗しないようにプレッシャーをかけているように思えたら、子どもとじっくり話し合い、学びは一筋縄ではいかず失敗しながら身につけてゆくものだから安心しろというメッセージを送るといいと言います。学校や教師と共に家庭まで浮き足だってはいけないと言います。これもまた私達がグリットを発揮すべき試練と捉えればいいのです。

きつい仕事を取り越え、たゆまぬ努力を重ね、グリットを発揮することしか、自分の希望を手にする道はありません。どんなことも簡単に手に入らないものだということを、子どもが理解するには大人自らがそのモデルになる覚悟が必要なのだとキャシーは言うのです。

カルラ・リナルディは明確なビジョンを持った人です。リナルディは、ボローニャとミラノの間にあるイタリアの小さな町で始まったレッジョ・エミリアの教育晢学を体現しています。彼女は、こんな言葉を言っています。「子どもは将来、市民となる存在ではなく、生まれた瞬間から市民であり、最も重要な市民であるとも言える。なぜなら今ここにある権利、価値観、文化の担い手になることができるからである。」

レッジョ・エミリアは子どもを教育する方法であるだけでなく、生き方そのものだとキャシーは言います。子どもは自分の関心に突き動かされて、自ら学びを構成できる存在と見なされます。大人は指導者ではなくコーチの役割を果たします。そして子どもは絵画や工作、歌、物語、ダンスといったものを通じて、「100の言葉」を話す存在なのだと言います。

レッジョでは子ども達が机の前にじっと座って情報を与えられるのを待つことはありません。活発に世界を探索し、常に他者や対象と交流し、何かを発見し、作り、試してみます。親や教師は子どもに何を教えるかではなく、子どもがどのように学ぶかを大事にします。こうした環境で育った子どもは強い好奇心を持って深く考える人になり、思いやりの心を持って他者と共に働く人に成長するだろうと言います。

リナルディは熱く語っています。レッジョという共同体で生活することで、子どもの中に権利、価値観、文化が浸透していきます。そして共同体、更には世界全体において優れた市民になることを学ぶというのです。大人が見いだせていない可能性を子どもが見せてくれるのだというのです。