家庭では

家庭をプレイフルに学ぶ場にするにはどうしたらよいでしょうか?親が本気で楽しんで子どもの学びに参加できるのが家庭での学びの魅力です。親こそ「ガイドされたプレイ」の主役として適任であるとキャシーは言います。あなたの家庭を6Csに満ちた場にする方法はいくらでもあるというのです。

既に6Csについてキャシーは説明していますがその中で、私たちと子どもがどのように6Csを見つめ直すか、いくつかヒントを示してきました。日々必ず行う活動を6Csの観点でちょっとアレンジするだけで、子どもと一緒に面白がって6Csを学ぶ場になるというのです。難しく考える必要はないというのです。夕食の準備、そして後片づけの手伝いの中でコラボレーションし、コミュニケーションすることは十分学べると言います。夕食を一緒にとる時間、そして食後の時間は語り合いの時間になります。その日、どんなことがあったのかを家族で語るといいと言います。起こった出来事について話し合えば心が落ち着くでしょう。夕食後十分から十五分の時間を作って、パズルをしたり、謎解きをしたり、好きな歌を歌ったり、学校で行うディベートでどう議論するか対策を練ってもいいでしょう。算数の空間把握能力がパズルで高まり、家族での謎解きが、テストで問題を解く時のクリティカルシンキングの力に繋がるかもしれません。しかしあくまでも主客転倒しないように気をつけないといけないと注意します。学校の学びのために家庭の学びがあるわけではなく、6Csを面白がりながら伸ばす場を作ることが何よりも大事なことなのだというのです。

では、地域をプレイフルに学ぶ場にするにはどうしたらいいのでしょうか?地域をプレイフルで知的な場に変える方法もあるとキャシーは言います。テルアビブ出身の建築家イタイ・パルティと共にキャシーらは、アーバンシンクスケイプと呼ぶ新しい実験建築をデザインしているそうです。これまで当たり前に街に存在した物を学びの装置に変えてしまうそうです。地面へ物語のアニメーションを映し出すライトを古いバス停に設置して模様替えしたり、べンチの背もたれにパズルを設置したりするそうです。ウィリアム・ペン財団の支援によりこの構想は現実のものになろうとしているようです。

スーパーマーケットの中にある様々な表示や看板をちょっと面白いものに変えてみたらどうでしょうか。オクラホマ州タルサでカイザー財団の協力を得て、店内を冒険の場に変える試みを始めているそうです。子どもは表示を見て違った種類の林檎を探したり、クリティカルシンキングを刺激されたり、タワーのように積み上げられた野菜の缶詰を調べて算数をしたりします。

近所の公園や子ども博物館に出かけてみるのはどうでしょう。子どもはこうした場所が大好きで感性を思いきり羽ばたかせて自由に学びます。6Csを意識して展示や活動をデザインすれば、更に素晴らしい場所に生まれ変わるだろうとキャシーはいいます。そう考えて彼女らはニューヨークのセントラルパークで「究極のご近所パーティ」を実施したそうです。その日都市にある普通の公園に、子どもが遊びながら科学について学ぶための28の活動が突如出現したのです。何とこのイベントに5万人を超える人々が集まったそうです。多くの人々が子どもに教え込まない、新しい学びの方法を渇望していたのだとキャシーは言います。

家庭では” への9件のコメント

  1. 学びというのは身近に転がっているということ、そして、学びはやはり人と人とが関わることでさらに深まっていくということを感じました。ひとりで悶々と考えていてもなかなかいい結論が出ないものですが、誰かに話すことで視野が広くなり、思いもよらない考えが生まれたり、解決するということも多いですね。学びというのは自分以外の他者が必要であるということを改めて感じました。「6Csを意識して展示や活動をデザインすれば、更に素晴らしい場所に生まれ変わるだろうとキャシーはいいます」とありました。まさに藤森メソッドでも子ども同士の関係を生む環境作りというのは大切にしているポイントですね。関わりをデザインするということはまさにですね。置き方、設置するもの、表示の仕方で子ども同士の関わりが生まれることがありますし、逆に何かを設置する際に、子ども同士の関わりが生まれるようにや、主体的に活動できるようにするためにはということが共有されていれば、環境もさらに深まっていきますね。

  2. 今日は、園の父親の会がありました。コロナの影響もあり、近隣の公園に集まって遊ぼうという簡単な企画でしたが、週末に保護者と共に友だちと会って遊べることで、子どもたちも特別感を感じながら、嬉しそうに遊んでいて良かったなと思います。

    その姿を見ての、今回のブログ内容。文章にすれば簡単に聞こえますが、こんな風に子どもとプレイフルに関われる大人はなかなかいないのだろうと感じます。

    常識や慣習、成功や幸せの価値観、倫理観、躾、羞恥心…。多くの人は、大人になるにつれて身動きがとれなくなっていくようです。
    思いがけず保育園の必要性、保育士の専門性を感じる機会にもなりました。

    子どもたちには、人生を思い切り遊べる人になっていって欲しいなと思います。
    そんな風に生きていける、とても良い時代になっているのですね。

  3. 学童児は学校から帰ってくると宿題に取り掛かります。学童保育の時間は学校での学びとは異なるとうたっても、保護者が子どもに言い聞かせているからです。「学校の学びのために家庭の学びがあるわけではなく」というように、同じことを強要することよりも異なった切り口から根本となる6Csが育まれる環境を用意することの方が、かえって学校での学習を底上げするものかもしれませんね。また、大事なこととして、「6Csを面白がりながら伸ばす場を作ること」とありました。本来の学びは面白そうやってみたいという自発的なものが根底にあるように、それにも大人がともに面白がって取り組むことが、きっかけでもあるのですね。

  4. 6Csを意識して、家庭での子どもたちの生活や暮らしを見直してみる、あるいは地域活動の在り方を探ってみる。なかなかおもしろい提案ですね。コンテンツがあって、コラボしコミュニケーションし、そしてクリエイティブイノベーションの過程でクリティカルシンキングする。そしてコンフィデンスをもってどんどん取り組んでいく。子どもたち自身にはそれとわかるかわからないかはどうでもいいですが、せめて、周りの大人たちは、子どもたちの活動を6Csという視点から読み解き、さて、どのような声かけをしていけば活動がさらに発展していくのか、あるいはどのようなモノを用意すればそのクリエイティビティが増すのか、考えながら行動し援助できればいいですね。おそらく、その過程は大人たちにとっても楽しいものかもしれません。何かの機会に6Csの視点で子どもたちの活動を評価してみるのもいいのかなと思いました。

  5. 学校だけが学ぶ場所ではない、というのは以前からこのブログの内容を読んでいて感じ、我が家でも真似しているところですが〝学校の学びのために家庭の学びがあるわけではなく、6Csを面白がりながら伸ばす場を作ることが何よりも大事なこと〟ということで、学校とは違う視点や切り口で家庭での学びを捉えていくことで、おもしろく、楽しく、一緒に6Csを学んでいける場所となることを感じました。大切なことは大人も一緒に学ぼうとする姿勢になるのでしょうか。大人だけ、子どもだけという視点では結果的にどちらの能力も上がらないんでしょう。やはり、人は人との関わりの中で学ぶことができるんだということを感じました。

  6. 「日々必ずおこなう活動を6Csの観点でちょっとアレンジするだけで、子どもと一緒に面白がって6Csを学ぶ場になる」とあります。このことを考えた時に「では、今の人はどれほど子どもたちと関わる時間を子どもに割いているのだろうか」とふと感じました。孤食と言われる昨今、あまりにも子どもたちにとっては過酷な時代なのかもしれません。最近は働き改革で遅くまで仕事をすることもないのでしょうが、オランダのようにワークシェアが進んでいるわけではなく、やはり海外と比べると日本の場合子どもと過ごす時間というのは未だ多くはないのではないかと感じます。また、社会環境的にも割と大人中心で作られているのも感じます。子どもが遊ぶ公園からは危険という理由で遊具は無くなり、ただ、広いボール遊ぶができないグラウンドがあったりと、割と景観のためにできた公園が多いように思います。まだまだ、社会において、子どもたちにおける課題は多いように思います。

  7. 書かれているような理想的な家族像とは言い難いながらも、我が家の子どもたち昨日は夕ご飯の手伝いをしてくれ、豚汁のこんにゃくをちぎって、舞茸を割いてくれたと妻から報告のあった食卓でした。子どもたちはそれを特に食べたがらないのですが、手伝うことは好きなようですし、必ず感想を求められるのでそれを言うことが役割かと思っています。
    先日は妻が健康診断で半日いない日があり、いわゆるワンオペ育児でしたが、この状況下で子どもたちに何か手伝わせよう、など思いつける余裕は生まれず、改めて子育てに理想を持つことの大切さを痛感しました。

  8. 日々、生活していく環境の中に、いくつもの不思議さが溢れています、しかしながら、その不思議に思う、思えるにするには、当たり前であった環境であってしまっては、何が、どう不思議なのか、客観的に自分が見ているものへ対して疑問を持たないと思います。そういった面を考えていくと、”地域をプレイフルに学ぶ場にする”という取り組みをすれば、子どもたちの好奇心は溢れるものとなり、そのものへ対して、興味を示し、知ろうとしますよね。いつもとは、違う日々が子どもたちにとって良い刺激になっていることを感じられます。

  9. とても耳が痛くなる内容でした・・・。というのも、子ども達が保育園、学校から帰宅すると、すぐタブレットかゲームに走ってしまいます。正直、親として夕飯の準備があるので助かるのですが、就寝時間まで続けているのは、危険かもしれません。ブログに書かれてあるように、学校でのことなどを聞いて話したり、一緒にカードゲームなどをする最中の会話を大切にしていこうと思います。あとは色々な場所に積極的に出かけることも大切ですね。先日、千葉の方に出かけて、みかん狩りや動物に餌をあげたり、色々な体験をしてきました。コロナでなかなかできなかった事を少しづつ取り戻していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です