変革

教育システムの変革は、表面的な法令のコンプライアンスをもたらす施政によって義務づけることはできず、まったく何もないところから構築することもできないのが課題だと言います。

政治だけで教室内を革新させることはできませんが、変化のために事例の構築や組織だったコミュニケーション、21世紀の学びに向けた指針を明確にすることには役立つとシュライヒャーは言います。政治は刺激を与えるとともに実行可能となるよう、プラットフォームや橋渡しとして重要な役割を担っています。資源を集中し、政策の情勢を促進し、新しい実践を奨励するよう説明責任や報告を調整することができるのです。

しかし、教育は変化の鍵となる主体をより明確にし、擁護し、イノベーションの拡大と普及のためにより効果的なアプローチを見つける必要があるのです。それは、イノベーターがリスクをとって新しいアイデアを実現するためにありとあらゆることをおこない、成功を認識し、報酬を与えるのにより良い方法を見つけることだというのです。過去においては、公共セクターと民間セクターが対立していましたが、今後は公共セクターと民間セクターが共に進むことが重要になってきます。

多くの教育システムはこれらの課題にひるむことなく、孤立した地方の事例だけでなく、システム的にも革新的な対応を見つけるための道を切り開いているとシュライヒャーは言うのです。

彼はこんな逸話を紹介しています。

「暗い夜、車に戻った時に車のキーを紛失した運転手の話がある。彼が街灯の下を探し続けていたところ、誰かに「鍵を落とした場所はそこか」と聞かれ、「違うがここしか見えないから」と答えた。」この逸話は、教育にも同じことが言えると彼は言うのです。「最も手にしやすく、見やすいものを見るという根深い本能があるというのです。見るのに最適な場所ではなくても、慣れ親しんだ質問と回答がある。多くの場合、最も重要なことではなく、最も簡単に測定できる方法で教育の進捗状況を確認する。そして、他の所で達成されているものとの比較ではなく、自国や特定の地域の自身の学校内で起こっていることのみに基づいて教育を議論することが多い。」

これが、彼がPISAの調査を始めたきっかけのようです。コロナで翻弄された今年も終わろうとしています。その先行きは未定であり、不安でもあります。しかし、この時期だからこそ、私にとっては、今まで行ってきた教育、特に幼児教育を見直し、新しい時代に向けて歩んでいこうと思った1年でした。今まで行ってきたことは慣れ親しみ、手にしやすく、見えやすいものかもしれません。しかし、それは最も重要なことではなく、新しい時代に向かって、新しい分野を見つけていくことだと思います。しかも、できるだけ具体的に、また、実際に歩みを進める時期だと感じています。どうしても、理念が大切と言いながら、お題目を唱えるだけで終わってしまいがちです。そこには、同意や共感はあるものの、明日からの具体的な道筋は見えてきません。子どもを守ると言いながら、リスクから遠ざけるために家に閉じ込め、行動を規制するようなことだけでは、その影響は後に表れてきます。どうすれば、リスクを減らし、大切なことを行うことができるのかに知恵を絞り、どんな時でも子どもの発達の歩みを止めてはならないのです。

変革” への7件のコメント

  1. 今回のブログの内容はすごくグッとくる内容でした。確かに、今年は新型コロナウィルスによって大きく翻弄されていた時代でした。それと同時に、これまでの通説が通用せず、新しい方法を模索しなければいけない年でもありました。破壊と創造が同時に起きたようにも思います。しかし、こういった状況にも負けず、どう保育を保障し、子どもたちの発達を保障するのかはよく考えなければいけませんね。確かにこれまでの保育を見ることは簡単です。しかし、それが新しい時代においても通用するのかどうかはよく考えなければいけません。「子どもを守ると言いながら、リスクから遠ざけるために家に閉じ込め、行動を規制するようなことだけでは、その影響は後に現れてきます」とあります。私たちは短期的な道筋だけではなく、もっと長期的な見通しを持って保育をしていかなければいけませんし、そういった、目線は意識していかなければ行けないのでしょう。すごく勇気をもらった気がします。今年もありがとうございました。次の年もよろしくお願いいたします。

  2. 本年12月には故土井上先生とOECDパリ本部にて田熊美保氏を介してアンドレアス・シュライヒャー氏と会う計画を立てていました。「今後は公共セクターと民間セクターが共に進むことが重要」まさにこの事実を民間セクターの人間として同氏にアプローチしながら日本の就学前保育教育改革をプラクティショナーサイドから積極発信しようとしておりました。しかし、今正是其時、ではなかったようです。おそらくFujimimori Methodを引っ提げて再び試みよ、との天命だと了解しております。全国私立保育園連盟として行くつもりでした。計画は破綻しました。次はギビングツリーとして同地に赴き初期の目的が達成できるよう努めて参りたい、そのように決意したところです。来年以降のことです。求めよされば与えられん、願えよされば叶えられん。シュライヒャー氏の街燈の譬えはその通りですね。明るいところだけを探していては探しものは見つからないでしょう。おそらく「子どもの存在を丸ごと信じる」ところからその探しものは見つかるような気がします。臥竜塾ブログから実に多くの学びを得ました。来年も引き続き学ばせてください。本年は誠にありがとうございました。

  3. 今年は確かに、ある意味では変革の年であったように思います。徐々にきていた波がコロナ禍の影響で急速になったような印象です。これまでのことがそうではない、これまでの常識が通用しないということが多くあり、戸惑う部分はたくさんありましたが、その分「そもそも」に立ち返りながら新しいものを考えられた年となったように思います。これまでが通用しなかろうが、子どもたちは発達成長し続けていくことを忘れてはなりませんね。それこそ、これまでの見やすい所ばかりを見ていては子どもの背中を押すものが見つからないのは来年以降もそうだと思います。見えないところに目を向ける、チャレンジができることがこれからも必要ですね。
    今年もこのブログを通してたくさんの学びがありました。藤森先生の講演でも取り上げられた話しを聞き、心が躍る思いもさせて頂きました。ありがとうございました。
    来年も引き続き拙い文章ですが、コメントを投稿させて頂きます。来年もよろしくお願いします。ありがとうございました。

  4. 最初の段落、ミクロに考えると1つの園にも置き換えることができると考えます。
    現状のシステムの中で、その時の子どもたち、チームで何ができるのか最大限、最適解を目指す努力をしながら、システムの改善に繋がるアクションも必要なのでしょう。
    教育界全体においても、まず各園で取り組める最大限の実践をしていくこと、その上でシステムそのものの改善に繋がる働きかけをしていくことが大切なんですね。
    エビデンスは実践を重ねなければ得られません。まだAARを深く理解できていませんが、実践を通さなければ何も得られないのでしょう。コロナの対策において、山中教授が「エビデンスなんて無い。これまで誰も経験していないことなのだから。だから、できる限りを尽くして出てきた結果を根拠に改善していくしかない…」というような話をされていました。中身は異なりますが、そういうことなのかな〜と自分の中では繋がった感じがしています。

  5. 感情が動かされる内容でした。「子どもを守ると言いながら、リスクから遠ざけるために家に閉じ込め、行動を規制するようなことだけでは、その影響は後に表れてきます」とありました。ずっと先生が言われていたことです。私自身も改めて実感しました。西洋的というか、さまざまなことが分かるようになった時代というか、確かに対策は必要です。しかし、一つの病気しか見えていないこの状況に違和感を感じます。何が大切なことなのかということをはっきりさせずに、一つの病気ばかりに囚われている歪みというのはどうしても起こってしまいそうですね。目の前のリスクばかりが大きくみえてしまいますが、それに囚われているばかりに、本当はもっと大きなリスクをあることにも気がつかないといけないのかもしれません。そして最後に「しかも、できるだけ具体的に、また、実際に歩みを進める時期だと感じています。どうしても、理念が大切と言いながら、お題目を唱えるだけで終わってしまいがちです」とありました。実際に行動される先生の凄さを改めて感じた一年でした。理念ももち、実践も行う。これは最強です。それが先生です。最強です!今年も、その最強のお手伝いができることを嬉しく思います!

  6. 子どもたちが日々小さなリスクと向き合い、挑戦して試行錯誤して失敗しながら成長や発達を遂げていくように、私たち大人もそういった過程を経てイノベーションを起こしていく必要があるようです。「イノベーターがリスクをとって新しいアイデアを実現するためにありとあらゆることをおこない、成功を認識し、報酬を与えるのにより良い方法を見つける」のは、容易ではありません。しかし、リスクなくして国の発展はないのだと思います。もちろん、最低限のリスクで収めたいと慎重になるでしょうが、このコロナ禍は良い意味でチャンスなのだと伝わってきました。教育変革に拍車をかけ、政治と現場の統一や連携を促進させる時期ですね。

  7. この実践の毎日は、人によっては新しく、刺激に満ちたものに映るでしょう。数年前に見守る保育 Fujimori Methodに出会った時の衝撃が日常となり、今もこうして電車の中で、当たり前のように実践の中に身を置こうと心の準備をしています。その当たり前の感動を、朝起きて、仕事へ向かう間に、今日の1日を楽しみに思える感動を、保育に従事する多くの人たちに味わってもらいたいと改めて思います。
    子どもたちの為に何かしてあげたい気持ちは皆一緒かもわかりません。ただ、もっといい方法があるだろうと模索することは、子どもたちにとってももっといいことでしょう。手元に届きそうなことばかりで終始する毎日から、今年は少し飛躍していけたら、毎日はもっと楽しくなりそうです。2021年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です