同じプロセス

6Csを「時間軸に沿った動き」として捉えれば、何度も同じようなプロセスを繰り返すように見えるだろうとキャシーは言います。学びの目標は異なっても辿るプロセスは類似しているのです。人生の中で、私達の目指す目標は変化します。例えばある人がオーケストラの指揮について学び始めた時、初心者の段階ではオーケストラとコラボレーションするための方法を新たに身につけなければなりません。こうなると最初のうちは「横並びプレイ」の段階に戻ってしまいます。楽団員からのメッセージを受けとる余裕もなく、ただ自分の指示を出すことに精一杯です。しかしやがて練習を重ねるうちに、バイオリン奏者が教えてくれる合図を「読む」ことができるようになり、次の段階へと進化するのです。「べートーべンの交響曲の楽譜」という知識コンテンツも最初は楽譜通りにしか読めませんが、クリティカルシンキングの力を借りて学び続けることで、過去の名指揮者が楽譜をどう解釈したか理解できるようになるのです。何度も同じプロセスを繰り返しながら、私達は生涯を通じて様々な領域について学び、どこまでも成長し続けるのだとキャシーは言うのです。

学習科学の成果によって、6Csとその段階が明確に示されることで、学習者の学びの進み具合を確かめる新たな道具ができたと言います。表を下から上、すなわちレベル1からレベル4に向かって眺めてみると、どのように成長してゆくのかよく解ります。但しこれらのスキルは殆どの場合、自然に成熟してゆくわけではなく、6Csを育む環境を注意深く準備する必要があるというのです。もちろん、学びがどう進むかは、年齢、レベルによって異なりますが、スキルのレベルを上げるには適切な経験を積み重ねることがポイントとなるというのです。

言葉の発達はコミュニケーションの力を高める上で不可欠です。赤ちゃんは泣いたり、音を出したり、微笑んだり、声を上げて喜んだりして自分の感情や要求を示します。こうした自発的な反応を更に強め、学びを促進するには大人が沢山の言葉を子どもにかけてあげることが大事です。赤ちゃんが興味を持ったことについて語りかけることが、よりスムーズにコミュニケーションの階段を上るのを助けます。大人の語りかけは、子どもが日常生活の中で言葉を自然に使いながら語彙を増やすことに繋がり、学校で知識コンテンツを学ぶ時に大いに役立つのです。

クリティカルシンキングについては、ディアナ・キューンが教えてくれたように多様な視点で考える練習をすれば、誰でもトレーニングができます。異教徒同士で対話することはキューンの実験を現実の世界で応用することになります。キリスト教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒が同じ場所に集まり、様々な視点で議論します。但し、この時違う見方があることを尊重し、自分達が当然だと思っている考えを脇に置く努力をします。トピックは何でも構いません。歴史上の対立する見解について対話するだけでなく、新しい車に何を選ぶかということでもいいのです。大事なのは「結論」や「妥協点」を見つけることではなく、対話のプロセスを6Csという視点でしつかり評価することです。思い込みや見かけに縛られているレベル1に留まっているか。それともそこから「意識的に」脱し、相手の考えを認めながらも、納得できる根拠に基づいて自分の意見を言うことができたでしょうか。コミュニケーションとクリティカルシンキングに関して、どのレベルにあり、どれだけ進歩したか、見極めることかできるのです。

同じプロセス” への9件のコメント

  1. 「何度も同じプロセスを繰り返しながら、私達は生涯を通じて様々な領域について学び、どこまでも成長し続けるのだとキャシーは言うのです」とありました。まさに学びの本質の一つでもあるのかもしれませんね。自分が変われば、また見方も変わり、同じものでも違って見えてくるように思います。そこからの気づきが成長によって変化しているという感覚でしょうか。この感覚はやはりいくらか続けないとなかなか理解できないものなのかもしれません。同じ場所に3年くらいいて、なんとなくやっと全体がぼんやり見えてきたかなという感覚は私にも経験があります。そんな感覚でしょうか。「赤ちゃんが興味を持ったことについて語りかけることが、よりスムーズにコミュニケーションの階段を上るのを助けます。大人の語りかけは、子どもが日常生活の中で言葉を自然に使いながら語彙を増やすことに繋がり…」ということも我が子と関わる中で非常に感じることです。私自身がおしゃべりということもあってか、娘もなかなかおしゃべりな方だと思います。私が話しかけたり、娘が感じたことを割と言葉にしてしまっているからかもしれません。言葉で表現することが多いので、娘もそうなのかなと思ってみていますね。

  2. 「赤ちゃんが興味を持ったことについて語りかけることが、よりスムーズにコミュニケーションの階段を上るのを助けます」とあるように、やはりその子が何に興味関心を抱いているのかをまずは把握することが大事であるようですね。コミュニケーションの初期には、共感を通した子ども主体が必要不可欠です。そして、6Csを知れば知るほど、子どもだけでなく大人の世界でも重要視されなくてはならない視点であることを強く感じます。無意識でのコミュニケーションにある多くの刷り込みなどを「意識的に」脱して、「相手の考えを認めながらも、納得できる根拠に基づいて自分の意見を言うことができたでしょうか」ということを考える思考は、職場の人間関係問題を根本から考え直し、会社を向上させられるような風潮を構築できる大きな要素を含んでいることがわかりました。

  3. 6Csをオーケストラと指揮者の関係を例にしながら説明していただくと実によくわかります。今年はベートーヴェン生誕250年。コロナがなければ、あちらこちらでベートーヴェンの曲が演奏され、ある意味で、ベートーヴェン漬けになっていたことでしょう。それはともかく、まずはコラボ。そしてオーケストラと指揮者の間のコミュニケーション。作品に関するコンテンツ。楽譜が語りかけてくることを受け止めながら、クリティカルシンキングで曲想を練る。練っていくとクリエイティブイノベーション。これらの繰り返しにより自信が生まれてくる。何だかよくわかります。自分と意見の異なる他者とコラボやコミュニケーションを図る。至難の業でしょう。ところが、意見が異なる、ということは、別の情報コンテンツを持っているということです。クリティカルシンキング力も鍛えられそうです。クリエイティブイノベーションも期待できます。何より、その繰り返しにより自信がつきそうです。

  4. 今日の就職希望面談で、園長が「良い大人に出会えたら子どもは良い方へ進んでいけると思っています」というような話をされていました。
    指揮者の例や、大人の語りかけの重要性の話から、私たちが良き見本となることの大切さを改めて考えました。見守る保育を表面的に捉えて、そこへ傾倒してしまった時には、「良い見本を示す、提案する」ということが欠けてしまいかねないと考えます。もちろん大人の誘導になってしまってはいけませんが、自身の保育を振り返っても人的環境として魅力的であれたか?ということについて振り返り、今後は考えていきたいです。

    最後の段落の内容についても、子どもとの会話の中で、そうした姿勢で関われているかどうかが、大変重要なのだと思いました。

  5. 〝赤ちゃんが興味を持ったことについて語りかけること〟がコミュニケーションにおいてはじめの一歩なんだという風に書かれてありました。興味あるものであるというところに子ども主体であることを感じますね。そのことがやがて大きくなってからのコミュニケーション力や学校でコンテンツを学ぶことにつながっていくと思うと、何気ないことですが、非常に大切なことなんだということを思います。そして、そのようなことを自分の刷り込みを意識的に無くそうとしていくことで、良い職場や集団の雰囲気というのが出てくるんだということを感じました。

  6. 「自分たちが当然だと思っている考えを脇に置く努力をします」とあります。一瞬ドキッとしました。それはまさに今自分自身が意識していることであるからで、なかなか私自身がこのことができなかったことでした。過去の自分を省みても数々の忠告や教えをもらいながらもこのことが自分自身理解できずにいましたが、最近はその重要さを非常に感じるようになりました。特に最近思うのが、自分自身が感情的になっている時ほど、自分の考えを押し付けているときで、相手の発言に対して、明確な答えを自分が持っていない時ほど感情的になっていることに気づいたのです。要は自分の浅慮を感じる時ほど感情的な自分を感じたのです。そうならないためには、物ごとをしっかりと判断できるエビデンスを自分自身がとりいれなければいけません。まさに「相手の考えを認めながらも、納得できる根拠に基づいて自分の意見をいうことができたか」ということです。そう考えると自分自身まだまだ自己研鑽が足りないことに気づきます。

  7. あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
    新しいジャンル、新しい世界に踏み出す度に一から学び直していきます。それを疎ましく感じ、その場所に長くいることを善しとすることももう一つの人生の形と思います。石の上にも三年ではありませんが、長く続けることで見えてくるものの量、質というのは計り知れないものがあるでしょう。ただ、先日読んだ本には、石の上にも三年というのは経営者側の人間が作った言葉、ということで、何とも新しい価値観だと感じてしまいました。踏み出す勇気や、新しい一歩を、世間や周囲の目に負けたりしてはならないのかもわからないと思えてきます。

  8. “何度も同じプロセスを繰り返しながら、私達は生涯を通じて様々な領域について学び、どこまでも成長し続けるのだとキャシーは言うのです。”この考え方を持ちながら生活していくには、6Csを身に付けることで、そういった思考になるように感じました。
    疑問に思ったり、なぜそうなったから繰り返して行くなかで、こういうことだった、こういった考えでもいいのかもしれないと導き出すことができるようにも感じました。様々な領域で学ぶ、子どもが主体的になにかに向かう姿勢というのは、まさにそういった姿勢を感じます。そのなかで、わたしたちにできることを考えていきたいです。

  9. 先日、中学の同級生数人とオンラインで話す機会がありました。それぞれが職種が違い、面白かったです。その中で大きな議論になったのが、どう会社を経営していくか?部下を育てていくか?です。さまざまな意見が飛び交う中で、私の意見としては「君の会社の理念ってあるの?」と聞きました。それを言われた彼はどうやら腑に落ちたらしく、改めて自分の会社の理念を考えてみると言いました。まだまだ私自身、6Csができているとは思いませんが、少し冷静な目線で話し合いの輪に入れたかなーと思った時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です