余裕を持つ

キャシーが最後に紹介するのがサンフランシスコの子どもと家族向けの科学博物館で、探索という意味の「explorer」と講堂という意味の「auditoriumu」を組み合わせた造語である「エクスプロラトリアム」にあるティンカリングスタジオです。ここでは古い部品を組み立てて新しい物を作り出すことができます。様々な道具が揃っていて、ただの廃品を新しい発明のための素材として活用できます。非常に高度なレベルの創造的思考を発揮できる場です。

創造力を伸ばす秘訣その3は、「あわただしさから解放され、自由に遊び考える余裕を持つ」ことだとキャシーは言います。クリエイティブシンキングを育てるためにどうしても必要なことです。それは慌ただしい日常から離れ、一息つき、遊んだり考えたりする余裕を持つことです。どうしても親は子どもを急かしがちです。次はスポーツの試合、その次は学習系の習い事、更にその次は芸術系の習い事……というように切れ目がありません。こうした活動は子ども主導ではなく親によってコントロールされているのです。近所のサッカーチームに入ることで学ぶことは確かにありますが、何でも仕切りたがる花形選手がいて、チームの自由な発想を許さず、創造的に考える姿勢が育たないかもしれないというのです。

サッカーコーチとして将来のオリンピック選手を育成しているマシュー・ロビンソンは、アメリカ人選手は機機的に動き、フィールドであまり創造力を発揮しないと語っているそうです。教わった戦略をしっかり学びますが、試合の時に予期していなかった状況が起こると対処できず、無様に動き回っているというのです。サッカーの試合の最中に起こることを全て教えることはできませんし、直面する問題全てに対しあらかじめ対処法を教えることもできません。想定外の事態に直面しても慌てずに対応できるように深く理解し、創造的に考える力を養わないといけないのです。

昔は広場に集まった仲間たちと草サッカーを楽しみました。しかし今は大人主導のスポーッショーになっていて、子ども達が自分なりの独創的な方法でサッカーに親しみ、挑戦するチャンスを子どもから奪っているというのです。これでは新しいプレイの仕方を考え出す余裕などまるでありません。基礎トレーニングをするだけで終わりにならず、観客を沸かせるようなサッカー選手になるにはどうすればいいのか。そのためにはレベル3の創造性が求められてくるのです。

そこで、レベル3は、「独自の『声』を発見する」で、先人の技を学んで自分の「声」を見つけることだとキャシーは言うのです。創造力と努力は一体であると言います。創造性研究の専門家ロバート・ワイズバーグは創造力とは大きなアハ体験が突然起こるというより、漸進的に進むプロセスと捉えるべきだと言っているそうです。何もないところから何かが生まれることはなく、より高いレベルの創造力を身につけるにはスキル、技術、そしてある特定の分野についての知識を持たなければなりません。一晩でレベル3に成長することはないというのです。

レベル3のシェフになるにはどうしたらよいのかを例にしてキャシーは説明しています。