探索して学ぶ

アリソン・ゴプニック達がずっと考え続けてきたように、子どもの方が大学生よりも新製品の取り扱いには優れているということが起こりつつあるようです。コンピュータの新しいプログラムについても、デジタル機器の新機能についても、明らかに子どもや若い世代の方が早く使いこなせるようになるのは、私達が既に実感していることです。レベル2の子どもは創造的な方法で新しい組み合わせを発見しようとします。例えばある4歳の女の子が自分のことを「キノコ姫」と呼んでいました。この子の母親はキノコを研究する菌学者だったのです。4歳の子はお姫さまという役を演じることを楽しみながら、そこにキノコ学者の母親の注意を引くという目的をうまく組み合わせて、創造的に解決したのです。

学校においても正解を教えたり段階的に丁寧に教えていったりするよりも、どんな解き方があるか探索して学ぶ方が子どもはより創造的になるというのです。組み立てて遊ぶおもちゃの場合も全く同じで、箱に書かれた手順通りに城や駅を作ってしまうとそれ以外の物を作ろうとする創造力が阻害されてしまいます。

これは学んだことを新たな事例に適応する、心理学用語では「転移」と呼ばれる間題解決にも繋がっていると言います。どのように「転移」を起こすかということは教育を考える上で永遠の課題だとキャシーは言います。子どもが同じ教室で同じ種類の問題を正解できたらそれでよいのかと言えば、誰もそんなことはないと言うでしょう。教育者が子どもに望むのは、学んだ知識を世の中で直面する課題に活用し、解決することです。キャシーは、分数を例にとって考えています。小学4年生で3/5+7/9のような分数の足し算を教わります。しかし全国テストの調査によると、多くの子どもが教室外では同じような分数計算を用いて現実の課題を解決できないことが明らかになっています。レストランの支払いを割り勘にするにも、居間に新しい椅子を置くためのスペースがあるか測定するのにも、分数は役に立つ知識です。なのに教室でやり方を教わっただけになってしまっているとキャシーは言うのです。

2006年10月10日の雑誌「タイム」でクラウディア・ワリスは強い危機感を抱いてこう書いているそうです。

「今のやり方に反発する教育者の間で交わされている暗い冗談がある。ワシントン・アービングの小説の主人公、アメリカ版「浦島太郎」のリップ・バン・ウィンクルが100年の眠りを経て21世紀に甦った。あまリにも変わってしまった世の中を見て彼は当惑した。男の人も女の人もせかせかと飛び歩き、耳に小さな装置をつけて話している。若者は家のソファーに座り、スクリーンを動きまわる小さなキャラクーを動かしている。老人は死と身体の障害を寄せつけず、胸にメトロノームをつけ、股関節は金属とプラスチックでできている。空港、病院、ショッピングモール、どこに行ってもリップは途方にくれた。しかし彼が最後に学校の教室に足を踏み入れた時、老人はここがどこなのかすぐに理解した。「学校だ」。彼は続けた。「まるで1906年に戻ってきたようだ。何もかも変わらない。いまだに黒板と言いながら緑なのか」。

この逸話を読んで、笑ってしまいますね。日本では、この記事から15年もたっているのに、現在でもまさに同じ状況です。