大人の慣例

遊びと創造性の専門家サンドラ・ラスは「遊びこそ創造力の源泉で(中略)子どもは何もないところから何かを作る」と書いているそうです。子どもが遊ぶ時は何のルールにも縛られず、創造的な閃きに突き動かされています。レベル1の創造力の働きによって「経験・行動・事象の解釈が面白くて意義深いものになる」のです。それはまさに3歳の子がブロック遊びを楽しんでいる時に起きていることだとキャシーは言います。

レベル1の状態の子どもは知っていることが多くないので、これまでの慣例に制約されずに行動します。世の中がどのように動いているのかまだ学んでいる段階です。子どもが靴を履いて通学するのは当たり前のことと大人は思うかもしれません。しかし暑い時には子どもは靴を履かずに学校に行こうとすることがあります。大人にとって当然の規範であっても子どもにとっては当たり前でないことが沢山あるのです。ここで気をつけないといけないのは、子どもは世の中や大人の慣例に触れる前に色々なアイデアを試して自由に遊ぶことが重要だということだとキャシーは言います。これこそレッジョ・エミリアの教育から私達が学ばないといけない点だというのです。まずは自分なりに作り出し、試すことができる経験を積み重ねる余裕を私達は子どもに与えないといけないと言います。創造的で芸術的なマインドセットを育てるのはその後だというのです。

イギリス、シェフィールド大学のエレナ・ホイカとジェシカ・ブッチャーは子どもの創造性を発達させるか阻害するかは、両親の関わり方次第であるという研究を発表しているそうです。16か月から20か月までの子どもに対して、親がおもちゃの家鴨を帽子に見立てたり、ブロックを走る馬のように動かしたりするのを見せました。すると子どもは親がわざとふりをしたり、冗談を言ったりすることと、本当のことを言っていることとを区別することができたそうです。こういう遊びによって色々な可能性を想像していいのだということを自然に学び、より創造的に考える経験ができるのです。

「大人は子どもの遊びに火をつける存在にも創造的に表現する方法を邪魔する存在にもなり得る」。大家族の子どもの方が創造性を試そうとする傾向が強いというデータがあるそうですが、子どもの数が多く親の目が届きにくいために、遊びの中で自由に色々やってみるチャンスが多いからかもしれないと言います。「より創造的な子どもを育てるには子どもの独立を助け、色々やらせる方がよい」のです。

しかしレベル1から始めるのは子どもだけではありません。新しい物や考えを作る時は大人もとりあえず何かやってみるしかありません。新しいアイデアを思いついた時、流れに任せて自由に発展させずすぐに評価に走ってしまったり、形にしようとしたりすると創造のプロセスか閉じてしまうという研究結果があるそうです。例えば製品開発の場合、見かけは度外視してとにかく迅速にプロトタイプを作ることがよく行われるそうです。自動車産業ではあまりにも早くプロトタイプを作ると、人々の注意がプロトタイプの改良に向き、新製品を開発する上で対処すべき重要課題を置き去りにしてしまうと考えられているそうです。これは子どもの学びの場合も同様で、性急に現実化するのではなく、むしろ空想するプロセスを含んだアプローチにおいて一番よく学ぶことができることを、最近の研究は私達に教えてくれるとキャシーは言うのです。