創造力を教える

キャシーは、イタリアには創造力は特別なものではないという発想が根付いているようだ思っています。ボローニヤとミラノの間にレッジョ・エミリアという小さな町があります。この町は世界から注目される幼児教育カリキュラムによって知られるようになりました。このカリキュラムはローリス・マラグッツィと教師達が実践を通じて作り出したものです。例えば「子どもは(大人も)木と会話する」。これを聞いて奇妙に感じる大人は多いかもしれませんが、子どもは何の問題もなくこの課題に取り組みます。私達大人の固定化された発想とは違って、子どもは想像力を大いに広げて、描き、歌い、木に語りかけるのです。このように創造的な想像を通してそれぞれの子どもの感性を活かして表現する学びを、レッジョのチームは「100の言葉」と呼んでいます。

ロピンソンが指摘した創造性への誤った思い込みの最後の一つは、創造力のある人は孤独で、奇異な外見や服装で、おかしな言動をするというイメージです。しかしこれも99%誤りだというのです。創造力を発揮するには教育が必要ですし、スキルや創造力、自制心を身につけなければなりません。創造力のある人は皆アインシュタインのような髪型でマドンナのような大胆な服装をしているわけではないのです。創造力を発揮する人も私達も全く見かけに変わりはありません。ただマーク・ランコが『創造力』(未邦訳)の中で書いているように「誰もが創造力を発揮できるポテンシャルを持っているか、全員がそのポテンシャルを活かしているわけではない」のです。

では、創造力は教えられるのでしょうか?線をはみ出して書いてもいいとどうしたら思えるのでしょうか?どうしたら我が子は発明家、起業家、そして未来を描く大胆な思考のできる人になるのでしょうか?どうしたら心理学者が言う「機能的固着」を捨て、例えば釘を打つ以外のカナヅチの使い道を思いつくことができるようになるのでしょうか?カナヅチはドアストッパーにも文鎮にも使うことができます。創造的になるには枠の外へ出て考えないといけないのだとキャシーは言うのです。

九つの点が縦に三つずつ横に三つずつ四角形に並んでいるとします。どれか一点から出発して、一筆書きの要領で4本の直線を引いて、九つの点すべてを通るようにします。きっとこれまでどこかでやったことがあるので答えを知っている人も多いと思いますが、正解に辿り着くには、文字通り「枠の外に出る」必要があるのです。しかし多くの人は四角形の中に収まるように線を引こうとするので解けないのです。

線から外れ、枠からはみ出るために重要なことは何なのでしょうか?シドニー大学のアラン・スナイダーは世界中のスポーツ選手、政治家を調べ、どの分野においても「チャンピオンとなる人は現状のまま物事を提えないことを見出したそうです。彼らは他面的な方法で物事を見ようとしているのです。地球温暖化、貧困、抗生物質の枯渇といった様々な問題を考える時に分野を横断して考える必要があります。そのためには今、どんなことが起きているのか、目に見えて明らかなことだけにとらわれず、どんな可能性があるのかイメージを膨らませる必要があるというのです。チャンピオンはこうした心の働きによって成果を出しているのです。本物と変わらない義手・義足を作るには…耳の聞こえない赤ちゃんの張力を取り戻すには…普通の人が当たり前に月に行けるようになるには…こうした課題に対して取り組んだ人は皆チャンピオンのマインドセットを抱いていたというのです。