創造性研究

科学雑誌の記事だけでなく一般的な新聞・雑誌でも、創造力が脚光を浴びています。先に掲げたソフィア・ローレンの言葉は、創造的に考えることが生きがいと若さを保つ道であると教えてくれています。では創造力とは何なのでしょうか。ちょっと調べただけで創造力の背後にある心の動きを捉えようとした数多くの言葉に出合います。「拡散的思考」「創造的認知」「洞察」「オリジナリティー」。これらの言葉は何となく意味が重なっている部分もあります。

J・P・ギルフォードは「創造力」を新しい間題に対して多くの異なった反応を生み出す能力と定義しているそうです。これは先に述べた新しい紙コップの使い方を思いつくことと重なります。ギルフォードはこの能力を「拡散的思考」と名づけ「与えられた情報から多様かつ多量の情報を生み出す力」と説明しています。紙コップ間題を例にして言えば、どれだけ多く紙コップの使い方を挙げられるかということであり、その使い方がどれだけ多様か、例えば、「容器」とか「小道具」などということであり、更にどれだけオリジナルな使い方をしているか、例えば、イアリングにするなどということだというのです。近代の創造性研究はこのような課題に基づいて行われたので、創造性の高い人物は沢山反応し、沢山の種類を思いつき、普通とは異なる賢い発想を沢山できる人とされました。この「反応」は、「流暢さfluency」、「思いつき」は、「多様さvariety」、「賢い発想」は、「独創性original」とあらわされます。

創造性研究の第一人者であるサー・ケン・ロピンソンは『枠をはみ出せ 創造性を育てる学び』(未邦訳)の中で創造性に関する三つの誤解について書いているそうです。第一の誤解は、創造力は「特別な人々」だけが持ち、全ての人々に備わっているものではないという考えだと言います。この思い込みに囚われて、創造力は普通の人の手の届かないところにあると多くの人は思ってしまうというのです。リチャード・フロリダはアメリカの労働人口の30%が、複雑で高度な課題を解決することを業務とする「クリエイティブクラス」という新たな人材にシフトしていることを明らかにしています。

私達の経済の仕組みは伝統的な産業から、個人として、また集団として創造性を発揮しなければ成り立たない形へと移り変わったというのです。幸運なことに「私達は皆様々な知識領域で創造性を発揮できる。創造性は一部の人だけが持つ特異な能力ではない」ということです。全ての人々に与えられた能力なのです。

「芸術には創造性が必要」という発想を、ロビンソンは創造力に対する二つ目の誤解と言っているそうです。創造性は「特別な人々」に託されたものだという思い込みに加えて、芸術のような「特別の活動」にのみ必要だという思い込みがあるというのです。もちろん芸術に創造力は不可欠ですが、実はどんな場面でも創造力は必要とされ、私達の行う全ての物事に影響を与えているというのです。

イタリアには創造力は特別なものではないという発想が根づいているようにキャシーは思うと言っています。それは、どこからそう感じているのでしょうか?