創造性の危機

キャシーは、こんな問いを投げかけています。「紙コップの異なった使い方をできるだけ思いついてみてください」と。あなたは、どのくらい思いつくことができるでしょうか。何かを飲むため、植物を挿すため、ペークリップ入れ……。他には?

2010年、雑誌「ニューズウィーク」は創造性の危機という病が世界中に広まっているという特集記事を掲載したそうです。21世紀に必要なスキルとして創造性こそ大事と声高に叫ばれています。「ハーバード・エデュケーショナル・レビュー」から「ビジネス・ニュース・ディリー」まで各種メディアにおいて、アメリカの教育者、実業家、起業家達が創造的な発見なくして繁栄はないという考えを表明しています。もし私達の職場がクリエイティブイノベーションを解き放つような環境にならないなら、海外に産業は移転し、自動化が大幅に進展する中で、子ども達が将来就く仕事はなくなるだろうとキャシーは言います。まさに「我創造する、故に我あり」だというのです。

企業のトップや革新的な企業が創造的な思考力を発揮する人材を求めているのにもかかわらず、子ども達に対して何の備えもなされていないのが現状だと言います。アメリカのある研究者がこれまで行われてきたトーランス式創造性思考テストの得点を分析したところ、1990年までは得点が増加していましたが、それ以降20年にわたって、年々得点が下がっていることが分かったそうです。このテストで行うのは元々ある図形に線や形を書き込んで、これまで見たことのない絵をなるべく多く描くことです。1990年以降、以前に比べて得点が下がり続けているということは、テスト時にオリジナルで面白いデザインの絵を数多く出せなくなっていることを意味します。紙コップの新しい使い方についても同様です。多様な使い方を思いつくという数の面でも、他の人とは異なるユニークな使い方を思いつくという質の面でも以前に比べて低下しているそうです。別に紙コップの使い方なんてどうでもいいことではないかと思うかもしれませんが、ちょっとしたことを思いつくかどうかは、急な環境変化への適応力に繋がっているのです。

もし子どもが新しいおもちゃを買ってとせがんできたとします。その時アルミホイルとトイレットパーパーの芯で何か作ることかできるでしょうか。もし氷結した路面でタイヤが空回りし、あなたの車が立ち往生したとします。その時後輪にダンボールを噛ませて脱出できるでしょうか。こうしたちょっとした間題に私達は日々直面し、創造的な解決を求められていますが、それは地球規模の気候変動や貧困を解決するために必要になる創造力と何ら変わりはないのだとキャシーは言います。

創造力は知能とは異なるのでしょうか。創造力は賢さなのではないか。確かに賢さと創造力は相通じるものがありますが、知能と同じものとは言えないと言います。とても知能が高いのに道路が閉鎖されていたらパニックになったり、残り物で新しい料理を作ったりできない人をよく目にします。私達は批判的に考えられる人になる必要がありますが、それは従来言われてきたような知能とは異なります。ただ批判的に考えられるだけでは、新しい解決法を生み出せません。あれこれ試行錯誤しながら作り続ける達人(master tinkerers)を目指さないといけないとキャシーは言うのです。