どんな環境?

一緒にどこかへ出かけることがあったら、子どもがなぜ?どうして?と問いを発し、考えを広げる機会を作るのがあなたの役目だとキャシーは言います。難しく考える必要はありません。今、目にしている状況がなぜ生じたのか、子どもが考えるように仕向けさえすればよいのです。例えば赤信号で停止した時、子どもがなぜ信号は必要なの?と聞いてきたら、信号はどんな働きをするのか考えるように促してみましょう。こうした日々の何気ない問答の積み重ねこそクリティカルシンキングの力を育てるための必要条件なのだと言うのです。あなたが関わりのある所を見つめることです。

では、クリティカルシンキングを育てる環境をどう作ればいいのでしょうか?まず大事なことは子どもを尊重すること。子どもが尊重され、彼らの発する素直な問いを真剣に受けとめれば、子どもは安心して問い続け、目の前の情報に囚われずに広く深く考えようとするでしょう。たとえ2、3歳児であっても彼らの興味や疑問を尊重する必要があります。親を含め、子どもの周囲にいる大人の感性と反応の仕方が試されていると言ってもよいと言っています。それは子どもの見方を面白がる感性であり、子どもの理解を促すようなやり方での反応なのです。

あなたがこうした関わりを子どもと積み重ねるのを厭わなければ、子どもはあなたの知恵と指導を素直に受け入れることの大事さを学ぶでしょう。もちろん、クリティカルシンキングする力も同時に育つのです。

私達は、そして私達の子どもは画期的な考えを生み出す発明家、起業家、科学者、技術者になる可能性を特っています。イノベーションを引き起こす人達は、他者には見えない問題に気づくためにクリティカルシンキングの力を働かせます。こうして誰よりも先に流れをつかむ人々をビジョナリー・フューチャリストと呼ぶそうです。アマゾンのような企業にはそんな社員かいるそうです。創業者のジェフ・べゾスが重んじた企業理念は「異議を唱える勇気を持ち、一度決定したことには全力で取り組む」ということだそうです。彼は多くの職場が調和を重んじ過ぎていることに違和感を抱き、素晴らしい製品やアイデアを生み出したいなら、多少の軋轢があっても、率直なフィードバックをやりとりすることに価値を置くべきだと考えたのです。

私達はクリティカルシンキングの力を働かせて問題を発見します。どんな問題も発見されない限り解けません。とはいえ発見された問題にどう取り組むかという大問題はまだ残されています。そこでキャシーらは、次に、クリティカルシンキングによって見つけた問題を解くために必要なクリエイテイプイノベーションについて考えていきます。

ここで、キャシーはソフィア・ローレンの言葉を引用しています。「若さは、あなたの心、才能、創造性、そしてあなたが愛する人々との生活の中から生まれるものてある。このことさえ学べばあなたは老いることはない。」

しかし、どうも今は、創造性の危機が叫ばれています。本当に創造力は失われてきているのでしょうか?