背後にある理由

読書はまた日常とは別の「現実」を見せてくれます。そこではわけの解らないことが突然起こりますが、だからこそ面白いとキャシーは言うのです。そんな時に「もし……だったら」と話をどんどん勝手に広げていくともっと面白くなると言います。もしお姫様だったら退屈かな?王冠を投げてしまうだろうか?物語の結末を変えてしまうことも創造性、コミュニケーション力、そしてクリティカルシンキングの力を育てます。こういう遊びを通じて子どもは、物事は一通りではなく、様々な可能性があることを知るのだと言うのです。

現実の生活場面で子どもは人々の振る舞いの背後にある理由について質問してくることが多いです。「何でA君はBさんを『馬鹿』とか『間抜け』などと呼ぶのか?」。そこで「A君は悪い子だからよ」と言ってしまったら会話はそこで終わってしまい、子どもにこれ以上考える機会を与えません。子どもは人々をある行動に駆り立てる動機について、理解したいという強い気持ちを持っているのです。もし人々がなぜびっくりするような普通でないことをするのかを理解できれば、社会的な関係で予想不能なことに出くわすことはなくなると言うのです。相手を傷つけるような言い方をした時その子はどんなことを感したのだろうか?彼女に対してどんな振る舞いをすればよかったのか?子どもと一緒に頭を悩ませ、クリティカルシンキングスキルを駆使して考えるといいと言います。

このようなプロセスを経て、子ども達は表面的行動をそのまま受けとめる必要はないことを学び、全ての人が怒ると悪態をつくわけではないことを理解します。私達にできることは子どもが自ら「なぜ」と考え、もっと良いやリ方を考えることを促すことであると言うのです。

いつでもどこでもクリティカルシンキングするチャンスは転がっているとキャシーは言います。しかしながら生徒が異議を唱える質問を教師が許さなかったり、親が子どもの質問を一切受けつけなかったりするような環境で育った場合、どうやってクリティカルシンキングの力を養えばよいのでしょうか。そんな場合、芸術に取り組むことが助けになるとキャシーは考えています。

音楽でも絵画でも、自分の中にあることや自分が見たもの、感じたことを正確に表現したいという欲求に駆られます。しかし中々思った通りにいかず「どうしたらもっと良くなるのか?」と自分に問い続け、創作に打ち込むのです。この場合の「もっと良く」は「もっと良い演奏」「もっと良い解釈」ということでもあるし、様々な視点からの解釈という意味でもあるでしょう。作品を作るプロセス自体がクリティカルシンキングを働かせる場になっているのだとキャシーは言うのです。

これは演劇にも当てはまると言います。誰かの役を演じると自分以外の他者の気持ちや考えを自分のこととして提えざるを得ません。自分の演じるキャラクターが車に飛び乗ってすぐに走り去ったとします。なぜそんなことをしたか、どんな気持ちだったか。他者から自分とは異なる見方をフィードパックしてもらい、議論を深めながら役柄を作ってゆけるのです。