自分自身を見つめる

人の書いた文章を批評する場合も同じであると言います。例えば人が書いたレポートを批評する時「行われた実験は不完全だった」と書いて、あとは何も記述しないというのは許されません。レベル4のクリティカルシンキングを発揮して批評するには、書かれていたことのどの部分が「不完全」でそれはなぜかを明確に表現しなければならないのです。自分自身の考えと表現にクリティカルシンキングを働かせることで批評の質は大幅に向上するのです。どこがうまくいき、どこに改善の余地があるかを明らかにし、良い議論を文章で表現する方法を磨いてゆくべきであると言うのです。

自分のクリティカルシンキングスキルを磨き、高めてゆくことはできるとキャシーは言います。日々直面する課題についてクリティカルシンキングを働かせて答えを見つけてゆこうと言います。その時にインターネットの情報は最初のきっかけとしてとても役立つと言うのです。新車を買うかこのまま今の車に乗り続けるかと思った時、保証の期間を比べたらどうなるか?という問いからスタートして、多面的に色々な問いを出して考えてみます。こうして日常場面でクリティカルシンキングのスキルを使いこなしていけるのです

ゲームしたり、愉快な物語を作ったり、本を読んだりする時、なぜ?と尋ねるのをいとわないことです。これこそ子どものクリティカルシンキングスキルを伸ばすために最大の効果を上げる方法だと言うのです。ゲームがクリティカルシンキングを育てるのにとても有効なのは、違反した時にルールの存在に否応なく気づかされるからです。

もちろん、そのためにはルールについて学ぶ必要があります。誰が最初に行くのか、なぜこの動きはカウントされないのか、無数のトラブルが発生し必然的に激しい議論か巻き起こり、自ずとルールの存在が浮かび上がります。見解の不一致が生まれることは悪いことではなく、むしろクリティカルシンキングの力を育てるのです。決して声を荒げたり、暴力を振るったりせず、他者を尊重するやり方で異議を申し立てる能力をゲームによって育てようと言います。そうすれば兄弟姉妹や仲間達との間で問題が起きても、うまく解決できるようになっていくだろうと言います。コミュニケーションする力を発揮して、他者とうまく交渉し、建設的に批判する方法は子どもが学ぶべき重要なスキルなのです。

子どもにただお話を語ることも最近すたれつつあるようですが、面白いお話をしてくれる人のことを子どもは大好きです。親や保育者は自分自身のことについて子どもに語ろうと提案します。特に親達が自分達と同じぐらいの年齢の時、どんなことをしていたか聞きたがります。この時に子ども達は沢山の質問をしてくるでしょう。問いを出すことは自分を取り巻く世界について学ぶために、そして建設的に批判する態度を育てるために必要だと言います。そのうえ全くお金をかけずに、子どもや孫との素晴らしい絆を作り出せると言うのです。

読書はクリティカルシンキングを使う最高の場であるとキャシーは言います。物語の展開が突然変化した時、子どもは本当にこんなこと起きたの?なんで崖から落ちなかったんだろう?なぜ彼らは……したの?というような問いを発しないわけにはいきません。