繋げる力

シェフは材料を考えるだけでなく、実際に作ってみてよりおいしくできる作り方を研究し続けないと新しいレシピは作れません。そのためにはピジネスでも、医学でも、エンジニアリングでも、どんな領域でもその領域の中で、しっかりと批判的に考え、向上し続けようとする心が必要だとガードナーは言っています。そのうえで関連しそうな知識を他の様々な分野から学びとり繁げてゆく。だから、優れたシェフはただ料理を作っているだけでなく、化学や農学の知識をどんどん学んでいるのです。

学際的な研究が当たり前になり知識領域の境界線は曖味になってきています。例えば医学において健康に影響を与える要因として心の状態がますます注目されるようになってきています。また教育においては現場の教師、管理職、政策立案者が協力し、飢餓を始めとする子どもの貧困について意識を高め、対策を講じていく必要に迫られています。なぜならこうした問題が子どもの不安傾向を強め、学習に欠かせない実行機能を司る脳の部位に過重な負荷をかけることが解ってきたからです。

レベル4の人々は「上手に疑う」ことができると言います。私達は問題を解くのに役立つ情報を集めるために全力を尽くします。しかし情報を集めるだけでは不十分です。スタンフォード大学のリンダ・ダーリング=ハモンドは、アメリカの全ての学校が「理解することを教える学校」になるべきだと主張し続けているそうです。知識コンテンツを記憶することは子どもがすべきことの一部に過ぎないと言うのです。理解せず、ただ広く浅い知識だけ覚えても、クリティカルシンキングの面から見ればレベル2に留まり、分析し統合する力を要するレベル4に到達することはないのです。

ダーリング=ハモンドは2008年に書いた著書『パワフル・ラーニング』(北大路書房)の中で『ニューヨークタイムズ』に掲載された二つの手紙について述べています。1通はヨーロッパ生まれの学生からのもので、もう1通はアメリカ人からでした。ヨーロッパ生まれの学生は高校までヨーロッパで学び、アメリカの大学に進学しました。彼は手紙にアメリカの学生は「学校で事実や統計データを記憶するように追い込まれている…ヨーロッパでも同じ教科を学んだが、記憶するのではなく理解することを求められた。クリティカルシンキング、分析…調査の技法はヨーロッパでは高校時代に教わったが、アメリカでは大学で初めて扱う」と書いていました。興味深いのはアメリカの学生もこの意見に同意したことです。「アメリカが国際的に見て教育レベルが低迷しているのは、日本でいうと高校1年生である10年生、高校2年生にあたる11年生まで記憶することを主眼とする授業ばかり行っているからだ。11年生になってようやく論理的に考え、課題を解決する学びが始まった」とアメリカの学生は嘆いていたのです。

「課題をどのように分析するか。その方法を知らずに私達は現実世界を生き抜くことはできない。私達がこれから直面する問題の答えは教科書には書かれていない。」

クリティカルシンキングを学ぶのに高校まで待つ必要は全くないとキャシーは言います。ある先生は小学3年生の子ども達に公園のデザインについて書かれた文章を読ませたそうです。その後読んだ内容について質問しました。公園をデザインした人の名前は?どんな気候だとこの公園は役立つ?しかしこの先生は読解した内容を問うだけで終わりにしませんでした。子ども達がもっと活発にもっと批判的に考えるようにさらに問い続けたのです。