「心の理論」の理解

キャシーは、「もし私が世界は平らだと考えていたら、私は間違った信念を持っていることになる。」と言います。さらに、「こうあなたが想像できるのは、あなたが「心の理論」を持っているからだ。」と言うのです。この問いは懐かしいですね。私が20歳代のころ、担任していた小学校1年生に「大人の言うことをそのまま信じるな!」と言った例として、「大人は、地球は丸いと言うが、どう見ても丸くはないように見える。だって、丸いと反対側の人たちは落ちてしまうし、海の水がこぼれてしまうかもしれない。しかし、もし自分の目で見て、本当に平らかどうか不思議なことに気がついたら、いろいろと考えなさい。」と言ったのです。

少し私の言うことと違うかもしれませんが、キャシーはこう説明します。「心の理論」は、クリティカルシンキングを身につけるために必要不可欠な能力だと言います。そして、スタンフォード大学のジョン・フラーベル達が行った子どもの「心の理論」の理解についての実験を紹介しています。

3歳児に食卓に足を載せるのが好きな女の子の話をしました。この話をした直後に、お話に出てきた女の子は食卓に足を載せてよいと考えているか質問してみました。すると殆どの3歳児が彼女は食卓に足を載せるのはよくないと考えていると答えたのです。自分が足を載せないと考えているからその子も考えていないと判断してしまったのです。コロンビア大学の心理学者ディアナ・キューンは、この段階の子ども達を「リアリスト」と呼びました。なぜなら自分と同じ「現実」を他者も持っていると想像するからです。

次の段階のレベル2では友達や親は自分とは異なる考えを持っていると解るようになります。「心の理論」を持つようになると言うのです。

そこで、次の段階であるレベル2は、「私の答えを絶対に正しいと信じる」ということで、子どもは相手を選んで「真実」を判断する段階です。レベル2になると、人々が皆異なる視点を持っていると認識できると言います。ある人はコロンブスがアメリカを発見したと言います。別の人はアメリゴ・ヴェスプッチだと言います。さらに別の人は既にネイティブ・アメリカンが住んでいたのだから、発見の栄誉にあずかるのはコロンプスでもアメリゴ・ヴェスプッチでもないと言います。レベル2ではそれぞれの意見の違いを知った上でその中からただ一つ選ぶだけなのです。証拠に基づいて評価することなく白か黒かどちらかに決めてしまうのです。とはいえ、レベル2の子どもは、真実は人によって異なることを認識できるので、レベル1に比べれば進化しているのです。

ある女の子が父親から「もしスイカの種を飲み込んだらお腹の中で芽を出すよ」と言われました。その子は凄いことを知ったと思い、このことを友達に話したら、友達は「スイカの種を飲むとね、赤ちゃんができるんだよ」と言ったのです。レベル2では自分達の言ったことの一方が正しくて、もう一方が間違っていると判断するので二人は延々と言い争いを続けることになるのです。

子どもは聞いたことと実際に見たこととを比べ、レベル2なりのクリティカルシンキングを始めるのです。子どもは年上で権威あると思っている人をとても尊敬していて、その人の言ったことを信じてしまうのです。しかし実際にはお腹の中にスイカが入っているという人をこれまで一人も見たことがありません。不思議だと思い始めるのです。