情報爆発時代

20年程前に心理学者のダイアン・ハルパーンがこの論文が発表してから6年後に携帯電話でテキストメッセージのやりとりができるようになり、グーグルが企業になりました。彼女の予想を遙かに超えて情報は爆発的に増え続けています。

情報爆発時代を生き抜く方法は二つに一つしかないとキャシーは言います。巨大な情報の波をコントロールする生き方を学ぶか、そのまま流されるかのどちらかだと言うのです。あまりにもうますぎる話があった時、改めて問い直そうとするか、それとも「Nursery University」のように思い込みに縛られたまま、多額のお金を支払う道を選ぶかはあなた次第なのだと言うのです。このようなビッグデータの渦の中でうまく生き延びてゆくには、クリティカルシンキングの力が必要なのです。これが学習科学からの答えなのです。そこでここからはクリティカルシンキングとはどういうことか、どのように学んでゆけばよいのかをキャシーは述べています。

クリティカルシンキングとは、端的に言えば「疑わしき時は根拠を求めよ」と考えることだと言います。米国第33代大統領だったハリー・トルーマンは「Show me州」と呼ばれるミズーリ州出身でした。「Show me州」と言うのは、「いつも証拠を見せろと迫る人たちの多い州という意味だそうです。この州がどうしてこう呼ばれるようになったかというと、ミズーリ州出身の下院議員ウィラード・ダンカン・バイダイバーが「私はトウモロコシと綿花とオナモミと民主党を育てている州からやってきました。口で何と言おうと私を納得させることも満足させることもできません。私はミズーリ出身です。さあ証拠を見せてください(You have got to show me)」と1899年に演説したからだと言われています。キャシーらが友達の話を聞いて「本当?」と言う時は、明らかにその話に疑いを持ち「じゃあ証拠見せてよ(Show me)」と言いたい時なのです。何かおかしいと思いスマホを使って調べ始めた時、クリティカルシンキングのプロセスが動き始めているのです。小さいうちから知識を覚えさせることが本当に良い教育なのかと間い直し、違う気持ちが芽生えれば、いい加減なことやゆがめられた事実に騙されなくなるのです。

これからの教育においてクリティカルシンキングを学ぶことが強く求められています。そのために私達は、クリティカルシンキングとはどういうことか知らなければなりません。クリティカルシンキングを一言で言えば「理に適った妥当な判断」ということになるだろうとキャシー言います。そして子どもにクリティカルシンキングを教えるということは、観察・実験・振り返り・推理・コミュニケーションを通じて多面均に情報を集め、それを分析・統合・評価する方法を教えることだと言います。

情報は全て同じような価値を持つわけではなく、吟味も評価もされていない偽の情報が多く流布していることを子どもたちに強く認識させることはとても重要だと言うのです。インターネットにはくだらないゴミのような情報が満ちていると言います。こうした事情を反映して、フェイスブックで流されたオプラ・ウィンフリー自殺説やニューヨークの下水道で生息するワニの話のような根拠のない都市伝説を紹介し、あっという間に広まったおかしな噂の嘘を暴くウェプサイトが存在するのです。