同性愛についての説明

トリバースとライスは、男性の同性愛の遺伝子が、ゲイの男性ではなく、彼らの姉妹やその他の親族によって次世代に伝えられると考えたそうです。ゲイ遺伝子は、その持ち主が男であれ女であれ、同じ行動に向かわせると言います。男性とセックスをしたいという欲求です。遺伝子の持ち主が男であれば、彼らは同性愛者になります。しかし、次世代には彼らの遺伝子は伝わりません。しかし、持ち主が女なら、彼女たちはその遺伝子をもたない女たちよりも多くの男性のセックスパートナーをもち、より頻繁にセックスをするので、より多くの子どもを産むだろうと言われています。ゲイ遺伝子をもつ男たちの繁殖成功度が低下しても、彼らの姉妹たちの繁殖成功度が高まることで相殺され、ゲイ遺伝子は未来の世代に伝えられていくのです。

「男好きの姉妹仮説」とでも呼ぶべきトリバースらのアイデアは非常に大胆なものですが、この説を支持する研究結果が最近発表されているそうです。母方の親戚に同性愛者がいる女性は、そうではない女性に比べて、子どもの数が有意に多いというのです。ちなみにゲイ遺伝子は染色体上にあるので、父方ではなく、母方の系統で子孫に受け継がれると言います。

とはいえ、有史以来: まま一貫して、ゲイの男たちは社会規範や法的な締めつけで同性愛であることを隠すよう強いられ、異性愛の男たち同様に結婚して子どもをつくってきました。男性の同性愛遺伝子が今日まで受け継がれてきた理由として、最も有力と考えられるのはこのような事情だろうとミラー氏は言います。だとすれば、同性愛が社会的に受け入れられ、ゲイの男たちがカミングアウトして堂々と同性のパートナーと暮らすようになった時点で、皮肉にも同性愛の遺伝子は途絶えてしまうかもしれないと言うのです。

しかし、女性の同性愛の遺伝的なべースに関しては、今のところ何もわかっていないそうです。

次の疑問は、「きようだいでも性格が違うのはなぜか」というものです。この問題は、進化心理学の理論と研究の有効性を示す格好の例となったそうです。進化心理学の面目躍如というところだとミラー氏は言います。1994年には説明できなかったそうですが、今ではこの分野の異端のヒーローとも呼ぶべきフランク・J・サロウェーとジュディス・リッチ・ハリスのおかげで答えが出ているとミラー氏は言います。

サロウェーは1996年の著書「生まれつきの反逆児―出生の順番、家族の力関係、創造的な生活」で、きようだいは家族の中でそれぞれ異なる生態的地位であるニッチを占めると述べています。第一子である、長男長女は、生まれたときに親が与える資源をきようだいと奪い合わずにすむ立場で、多くの場合は親をお手本にして育ちます。また、その延長上として、権威ある人物をお手本にするようになります。第二子以降は、生まれたときにすでにきょうだいがおり、親に見習うというニッチはすでに兄や姉が占めているので、親とは距離を置き、反逆児になることで、独自のニッチを開拓しなければならないのです。サロウ=ーは、宗教、政治、科学の分野で活躍した歴史上の人物のデータを精力的に調べ上げ、第一子は伝統を守る保守的なタイプになるケースが多く、第二子以降は変革者になる傾向があることを実証したのです。このように、同じ家庭で育っても、長男か次男かで性格が違ってくると言うのです。

同性愛についての説明” への9件のコメント

  1. 遺伝子とはこうも子孫を残すことについて考えられているのかと思えてきます。人間の基本原理にそれがあるとすると、むしろそれがもしかしたら動機の全てなのかもわからないとすると、それについて満たされないということは、その人をとても不安定にさせるだろうし、また満たされているとしても、その満足について満足できなければ更なる満足を求めてしまうものなのかもわかりません。欲しいものを手に入れることは出来るが、それを使いこなしたり、用いて幸せになることは難しいと聞いたことがありますが、足るを知る、得た時の幸せを忘れてしまうからこそ忘れないようにするべきなのかもわかりません。

  2. 「ゲイ遺伝子は染色体上にあるので、父方ではなく、母方の系統で子孫に受け継がれる」という言葉を聞いて、遺伝子検査をした記憶が蘇ってきました。ミトコンドリアイブと言われる遺伝子は母方特有で、先祖のルーツを辿れる道筋はまさに、母方の系統で受け継がれるとのことでした。ゲイ遺伝子も同じのようですね。また、「堂々と同性のパートナーと暮らすようになった時点で、皮肉にも同性愛の遺伝子は途絶えてしまうかもしれない」ということでもあるようで、思いと遺伝子を同時に紡ぐのはやはりむずかしいのでしょう。そして、きょうだい間の性格の異なりですが、長男と次男の性格の特性はよく話題にあがりますね。第二子の「反逆児になることで、独自のニッチを開拓しなければならない」というのは衝撃ですね。第二子のリスクのようなものがあるのでしょうか。

  3. 現在、LGBTの権利が主張されています。一昔前あるいは二昔前、LGBTは存在していましたが、その存在の許容については、一部を除いて、なかったと思います。今も許されない社会があります。同性愛者でも、殊に、男性同性愛者が許されない国々があります。たとえば、イスラム教徒が圧倒的多数を占めるインドネシアです。私は、かつて、人権擁護団体アムネスティに関わっていました。いわゆる、権力側から弱者、すなわち、非権力者の生存権を守ろうとする団体です。メンバーの一人として、20代30代を過ごしました。マイノリティ。同性愛者もこの範疇に入れられます。難民問題、環境における弱者問題、そして性的迫害を受ける人々への支援を行っていました。現在はどうかわかりませんが、イスラム教徒世界では「ゲイ」であることは死刑を宣告されることに等しいのです。同性愛者は死刑?今回のブログで「ゲイ遺伝子」という存在を知りました。しかも「ゲイの男たちがカミングアウトして堂々と同性のパートナーと暮らすようになった時点で、皮肉にも同性愛の遺伝子は途絶えてしまうかもしれない」ホント、何という皮肉でしょう。ここで思い起こされることは、ホモサピエンスの受精卵は分裂過程において性は最初は女性であることです。そしてその女性から男性が分離する、ということです。異性愛によって子孫を残す、まさに利己的遺伝子の選択でしょう。しかし、最初、女性という単一性であったことから、レズであれ、ゲイであれ、あるいはバイであれ、はたまたTGであれ、やはり、生存し得る存在者。存在して当たり前ということがよくわかりました。

  4. ゲイ遺伝子なるものがあり、遺伝子を未来につないでいくプロセスはなるほど納得の話しでした。しかしながら、〝同性愛が社会的に受け入れられ、ゲイの男たちがカミングアウトして堂々と同性のパートナーと暮らすようになった時点で、皮肉にも同性愛の遺伝子は途絶えてしまうかもしれない〟というのは衝撃でした。同性愛の人たちの願いを全面的に聞き入れることにより、遺伝子が淘汰されていく…。では、どうすればいいのか分からなくなりました。遺伝子と気持ちが反比例している、言葉がうまくないですが、遺伝子と気持ちが必ずしも一致しないということがあるんですね。

  5. 世の中にタラレバありませんが、もし仮に今の兄弟の遺伝子のまま生まれる順番が違っていたらどうなっていたのだろうかと考えることがあります。私は五人いるうちの真ん中な訳ですが、一番上になりたかった、とか末っ子として生まれたかったと思うこともありますがそうなってたら今の性格になることはほぼあり得ないわけで、つまり今の性格にも特に不満はないが、より社会的にも家族内的にもいきやすい立ち位置はどこだったのだろうかと考えるわけです。

  6. 「ゲイ遺伝子は、その持ち主が男であれ女であれ、同じ行動に向かわせると言います…」とありました。その遺伝子は男女それぞれに発現するのですね。女性の場合は多くの男性をパートナーに持ち、男性の場合は同性愛になるのですね。そのようなことを知ると、やはり人は様々な人がいることが当然であるということを感じます。遺伝子で見るとこういったことだけではなく、様々な人の中に共通点であったり、異なる点というのが明らかになっていくのかもしれません。遺伝子というのはどういうものなのだろうと分からなくなってしまうようでもあります。なんだか何を言っているのか、考えているのか自分でも分からなくなりましたが、分かりやすい違いだけを違いと捉えてしまいますが、人は1人の人間であるだけで他者とは違う存在の塊なのかもしれませんね。

  7. 人が遺伝子を残すメカニズムというのは非常にうまくできているものなのですね。「同性愛者の親戚は、そうではない女性に比べて、子どもの数が有意に多い」というのは非常に面白い数値です。まさに小さい範囲の視野に限らず、「遺伝子を残す」という視点で大きく見ると生存戦略的にはバランスを保たれるようになるのですね。そして、その反面「同性愛が社会的に受け入れられ、ゲイの男たちがカミングアウトして堂々と同性のパートナーと暮らすようになった時点で、皮肉にも同性愛の遺伝子は途絶えてしまうかもしれない」というようにこれもまた、全体的なバランスを取っているように思います。まさに淘汰がここで起こっているのですね。なんとも皮肉であり、なんとも合理的にできているということが見えてきます。遺伝子を残す、生物としてのあり方は非常にしたたかですね。

  8. “ゲイ遺伝子は染色体上にあるので、父方ではなく、母方の系統で子孫に受け継がれる”によって、ゲイ遺伝子が母方の系統に多くなるという結果は、驚きました。これも染色体によって決まったものであれば、生まれる前から決まっている、
    つまり、環境だけがそうさせたわけではないことが分かりました。そして、今の世の中の仕組みだからこそ、同性愛者の遺伝子が残っているということに納得できました。そうすると、やはり、法律で認めてしまうと、人のなかに極端な男と女と言うものが強まるのでしょうか。

  9. 「男好きの姉妹伝説」なかなかインパクトがある題名ですね。ただ、確かにゲイ遺伝子が女性に受け継がれた場合、男性好きになるため、多くの子どもをうう確率は高くなるのは納得しますし、逆も然りですね。それまで影に隠れていた同性愛者が、社会にも認められ堂々と暮らすことができる社会になることは私は良い風潮だと思うのですが、それも皮肉なことに、そのカップルには子どもを産むことができないので、遺伝子を残すことができず、自然とゲイ遺伝子が途絶えてしまう可能性があります。正直、どちらが良いのか分かりませんが、自然淘汰がまさに起ころうとしているのでしょう・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です