大人では?

森口氏は、さまざまな方法について紹介していますが、ここで紹介したプログラムは、特に、実行機能に問題を抱えている子どもに対して有効のようですが、研究によっては、最も有効だとされている心の道具プログラムでも、効果があまり見られないという報告もあるようです。また、いずれも現在のところ、短期的には有効性が認められていても、長期的な影響は今後の検証が必要であるとされています。

では、大人の実行機能は鍛えられるのでしょうか。森口氏は、最後に、大人の実行機能が鍛えられるのかについて考えています。

実行機能が必要なのは子どもだけではありません。大人も毎日さまざまな場面において実行機能を使っており、実行機能がうまく働かないと人生の岐路に立たされることもあると言います。なかなか食欲を抑えられない人、気分が落ち込んだときに頭を切り替えられない人など、実行機能を鍛えたいと思うことも少なくないでしよう。大人を対象にした研究も進められていますし、実行機能は筋肉のようなもので、使えば使うほど鍛えられると考える研究者もいるそうです。

実際に、訓練を施して、実行機能が伸びていることを示す研究は多数報告されているそうです。ただし、個々の研究を基に実行機能が鍛えられると判断するのは危険だと森口氏は警告します。子どもの研究と比べて、大人の研究は非常にたくさんなされています。そのため、さまざまな研究結果を総合して分析するメタ分析という方法を使った研究を森口氏は考察しています。

ザールラント大学のフリーゼ博士らは、33の実行機能にかかわる研究結果をメタ分析したそうです。この分析には、感情の実行機能とかかわる研究が多く含まれています。この研究では、利き腕ではない手を使って、歯を磨くなどの日常生活を送ること、すぐに使いそうになるスラングを使わないこと、などの訓練が含まれています。この研究の結果、大人の自分をコントロールする能力は少しですが鍛えられることが示されているそうです。特に、女性よりも男性で効果が強いようです。フリーゼ博士らは、女性と比べると、男性のほうが衝動的であるため、訓練の余地があるのではないかと述べています。

思考の実行機能についてはどうでしょうか。こちらについては、さまざまなメタ分析がなされていますが、一例として、シドニー大学のバーニー博士らの分析は、48の思考の実行機能の研究をメタ分析しました。ここでの研究は、主にコンビュータを用いた反復訓練で高齢の大人の実行機能を鍛えようとしています。その結果、こちらもわずかながら、訓練の効果が見られているそうです。また、運動とコンピュータを使った訓練のどちらが有効かを調べたメタ分析では、コンピュータを使った訓練のほうが有効であることも報告されているそうです。

これ以外にも、思考の実行機能で必須となる目標の保持を鍛える研究も多数なされているそうです。同じくコンピュータを使った訓練で、わずかではありますが思考の実行機能を鍛えることができるようです。このように、大入でも実行機能を鍛えることは理論上可能だと森口氏は言います。