マインドフルネス

マインドフルネスでは、身体や精神に対して集中することや、また、今という瞬間に集中することを重視しているため、自分をコントロールする実行機能を向上させると考えられています。森口氏が、ここまで紹介してきた研究のほとんどが、欧米諸国など先進国において実施された研究です。これらの国々でも実行機能は重要だと思われますが、先進国以外の国々においても、実行機能の支援は喫緊の課題のようです。

タイの首都バンコクの隣のサラヤという都市にある、マヒドン大学分子生物科学研究所の研究者から、数年前に森口氏のところに連絡があったそうです。タイの子どもは実行機能に大きな問題を抱えている。この能力を育てるためのプロジェクトを開始したから、手伝ってくれないかというのだったそうです。タイといえば、徴笑みの国として知られているくらい、人々は穏やかで、治安もよく、観光客としては非常に過ごしやすい国です。森口氏の印象としては、タイの人々が実行機能に問題があるとは思えなかったそうですが、タイに行ったことがなかったこともあり、誘いに応じてタイを訪れたそうです。

そこで、先方の研究者から、衝撃的な事実を知らされたと言います。それは、研究者らの調査によると、タイの子どもの約30%が実行機能に問題を抱えているということでした。3人に1人の計算になるので、彼は非常に驚いたそうです。知り合いの研究者によれば、タイの子どもは、目の前の快楽に飛びついてしまい、勉強ややるべきことをすぐにおろそかにしがちで、特に、学校での授業が成り立たないということだそうです。また、違法薬物に早くから手を出す子どもが多く、国家的な問題になっていると言います。そのため、その研究者らは、政府や企業を巻き込んで、実行機能の発達の支援をするためのプロジェクトを開始しているそうです。知り合いの研究者らはタイ政府や企業などと連携して、学校の教師などを対象とした実行機能の勉強会をタイ各地で毎週のように開き、また、森口氏のような国外の専門家を毎年のように招いて、国内に実行機能という概念を周知しようと精力的に活動しているそうです。

森口氏らは、タイの保育園に入り、マインドフルネスが子どもの実行機能を向上させるかどうかを調べたそうです。マインドフルネスの訓練として、マヒドン大学の大学院生が、既存のトレーニングと、タイの僧侶たちが行っている瞑想とをブレンドして、新しいプログラムを開発したそうです。

プログラムは大きく二つから構成されます。毎日やる短い活動と、週に3回、各40分間の保育プログラムの一部としてやる長い活動です。これを8週にわたって続けたそうです。前者は、毎朝1~3分間、自分の呼吸に対して集中するという活動です。もっともポピュラーなマインドフルネスの活動です。

保育プログラムは以下の四つのパートから構成されました。

・注意力:呼吸に注意を向け、少しでも気が散りそうになったら、呼吸に注意を向けなおします。

・感覚:自然に感謝し、味覚や嗅覚などを存分に発揮させます。

・運動:自分の身体感覚について学び、身体をどのようにしたらコントロールできるかを学びます。

・感情:感情について学び、感情をコントロールする方法について学びます。