実行機能に与える影響

ジョージア大学のベスト博士は、四つの活動が思考の実行機能に与える影響を比較したそうです。一つ目は座ってビデオを見るという活動です。二つ目は、座ったままできるテレビゲームです。ここでは任天堂Wiiの「スーパーマリオワールド」を使っています。三つ目は、体を使うテレビゲームで、こちらもWiiなのですが、マラソンのゲームで、実際に走るかのような身体運動を伴います。四つ目は、少しだけ体を使うゲームで、ジョギングしたり動いたりするかのような身体運動を伴います。三つ目と四つ目は、一つ目と二つ目に比べて、運動の負荷が高いということになります。子どもは、それぞれの活動に参加した後に、思考の実行機能のテストを受けました。その結果、身体的な活動量が多い三つ目と四つ目の活動に参加すると、実行機能の成績が良いことが明らかになりました。運動は実行機能を向上させる効果がありそうだと森口氏は言います。

また日常的な運動習慣も長期的には実行機能の発達にとって重要なようです。たとえばエアロビクスのように複雑な運動も実行機能を向上させることが示されているそうです。エアロビクスの場合、ある運動と別の運動を切り替えたりするので、実行機能のよい訓練になるようです。子どもにダンスやエアロビクスなどを習わせるのも有効かもしれないと森口氏は言います。運動は、高齢者の研究などでは非常に有効な方法とされ、子どもへの応用が期待されているそうです。ただ、現代の子どもは、単純な運動というよりは、サッカーなどのスポーツを習い事にすることが多いかもしれません。

では、スポーツは実行機能に影響を与えるのでしょうか。実は、単純な運動よりも、スポーツのほうが実行機能を向上させるようです。特に有名なものとして、テニスとサッカーが挙げられます。そこで、テニスについて考えてみます。テニスは個人競技ですが、相手との長い戦いのなかで、自分の感情や行動を持続的にコントロールする必要があります。たとえば思い通りにボールを打てなかったときや、サーブが入らないときに、どうしてもいらいらしてしまいます。実際、テニスの試合を見てみると、プロのかなり高いランキングにいる選手であっても、ラケットを叩き壊したり、放り投げたりします。このようなときに頭の切り替えは必須だと森口氏は言います。

テニス界史上最強とも言われるスイスのロジャー・フェデラー選手は、今でこそスポーツマンシップにあふれ、試合中も紳士的な振る舞いで世界中にファンがいますが、若い頃はお世辞にも自制心がある選手とは言えなかったようです。子どもの頃は、集中力がなく、感情的でいつもエネルギーをもてあまし、何よりじっとしていられなかったようです。また、とにかく負けず嫌いで、相手にショットをきめられると、怒り出して、相手に負け惜しみを言っていたというエピソードも残っているそうです。フェデラー選手の母親から見ても自分をコントロールする力がない子どもに映っていたようですが、心理学者の力を借りて、自分をコントロールする力を身につけるよう試みたそうです。その影響があったのか、フェデラー選手の素行の悪さは鳴りを潜め、スーパースターの階段を駆け上がっていきました。最近の研究は、テニスの経験によって、子どもの実行機能が身につくことを示しているそうです。