訓練と振り返り

森口氏は、科学的に信頼できる方法を用いて実行機能を訓練した研究について紹介しています。まず、多くの研究者が採用しているのはひたすら練習をするという方法です。この方法では、コンピュータなどを用いて大量の練習を課し、その前後で実行機能が改善するかを調べます。彼は、コブレンツ・ランダウ大学のカバチ博士の研究を紹介しています。

まず、子どもに切り替えのテストをやってもらい、訓練前の子どもの思考の実行機能を調べます。当然、子どもはこのテストで多くのミスをしてしまいます。ルールを切り替えるときに、正しくルールを切り替えることができません。その後に、切り替えテストと同じようなゲームを用いてひたすら訓練します。ドリルみたいなものです。一定の基準に達したら訓練が終わり、その後に、もう一度切り替えのテストを子どもにやってもらいます。訓練前後でテストの成績が変化するかどうかを調べます。こうした訓練の結果、思考の実行機能の成績が、訓練後に向上することが示されました。

この方法はひたすら訓練を繰り返すことによって実行機能を向上させようとしていました。しかし、練習を繰り返すだけでは、あまり効果的ではないと考えられています。もう一手間加えた訓練方法を森口氏は紹介しています。教育現場では、子どもに対して学習内容を授業の最後に振り返ることを求めます。学んだ漢字や算数の公式などを振り返り、復習することで知識の定着が促されます。実行機能の訓練においても、このような振り返りをすることによって、訓練の成果が出やすいことが示されているそうです。森口氏は、切り替えテストを例にしています。ミネソタ大学のゼラゾ博士らの研究です。この研究では、訓練の前後に切り替えテストを与えて、訓練によってテストの成績が向上するかどうかを調べました。訓練では、テストと同様に、切り替えのゲームが子どもに与えられます。このゲームで子どもがミスをしたときに、ミスについて振り返らせます。形ルールで分ける必要があるのに色ルールで分けた場合、今どのルールで分ける必要があったのかを子どもに考えさせます。そのうえで、実験者がお手本を見せます。その後に実際に子どもに分けさせるのです。このようにして子どもに自分のミスについて振り返ってもらい、どういうミスをしたのかをしっかりと考えてもらうことで、子どものミスは大きく減少したそうです。振り返りを入れると効果的なようです。

このようなプログラムは多くの研究者が採用しているそうですが、森口氏は、訓練のために大人しく座っていることができるだけでも、その子どもはある程度実行機能があるのではないかと考えています。彼自身は子どものときにじっと座っていることが苦手であり、授業中にもよく席を立っていたそうです。では、大人しく座っていることができない子どもに対してどのような訓練が有効なのでしょうか。

座っていることのできない子どもには、むしろそういう活発な性格を利用したらいいかもしれないと森口氏は助言しています。そこで、運動を通じた訓練方法が提案されているそうです。その一つである、小学生を対象にしたジョージア大学のベスト博士の研究を紹介しています。この研究では、四つの活動が思考の実行機能に与える影響を比較したそうです。